KUKA エデュテインメント

ロボットを使って知識を楽しく分かりやすく伝達。このトレンドにおいて、KUKAロボットは最適なソリューションを提供します。

今日、学習と楽しさとをうまく結びつけることがトレンドとなっており、多くのサービスセンター、イベント代理店、イベント開催者、展示会出品者などが利用しています。KUKAロボットは、素早く人々を集めるための呼び物ともなります。

複雑なプロセスや動作シーケンスを、観客を惹きつけるために利用することができます。自由度6(6 DOF)により、一見不可能に見えることでも、難なくこなします。AUTOMATICAのような展示会ではすでにエデュテーメントの目的でKUKAロボットが使用されています。

ロボット技術へのホットワイヤー

楽しさ、遊び、興奮、そしてロボットについての学習ーこれがKUKAの「ホットワイヤー」です。この器用さを競うゲームでは、薄くて曲がった金属管の管に触れることなく、リングをスタート地点からゴールまで通します。

気を付けて!管に接触するたびにアラーム音が鳴ります。簡単な説明の後、操作の易しいKUKAコントロールパネルを使って、誰でも自分の器用さを試すことができます。この課題で、KUKAロボットをどれだけ繊細に制御でき、またどれだけ簡単に操作できるかがわかります。

「ホットワイヤー」はロボットのプログラミング入門のための実演にも利用することもできます。スタートからゴールまでの移動の速さを競うプログラミング・コンテストなどいかがでしょうか?

KUKAの「ホットワイヤー」で、遊びながらロボットをコントロールできます。

人形を踊らせる KUKA

サイエンスセンターやイベントで驚く聴衆:巧みな俳優の手の代わりに、KUKAロボットKR 15が空圧式グリッパーでアウクスブルガー・プッペンキステ(アウグスブルクの人形劇)のマリオネットの細いワイヤーを操ります。これには多くの人が集まり、この実演の魅力を裏付けます。

動作、環境及び人形は、希望される実演目的に合わせて変更することができます。観客がより多い場合には、カメラと大型ディスプレイを含むプレゼンテーション・パッケージを貸し出すこともできます。

KUKAロボットが、アウクスブルガー・プッペンキステ(アウクスブルクの人形劇)のマリオネットを細やかに動かします。
次の機会に是非ご利用ください:KUKAロボットはサイエンスセンター、ショッピングモールまたはイベントで大人気となることでしょう。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK