カメラ搭載のロボットは、家電メーカーでの組立プロセスをサポートします

家電メーカーであるミーレ社において、KUKA社ロボットタイプ KR 20 は家庭用衣類乾燥機の駆動モーター生産を自動化します。カメラシステムのおかげで、KR 20 はたいへん広範囲にわたって自律的に作動します。

注意してください。このエリアはカメラで監視されています!家電メーカーのミーレ社でカメラシステム搭載のロボットが使用されるようになってから、このモットーはまさにこの企業の生産にぴったりあてはまりますKUKA社ロボット タイプ KR 20 は、その周囲を厳密に知覚できるので、フレキシブルに新しい状況に反応してますます自律的に作動できます。それは、自律したロボットシステムにより、生産自動化において全く新しい使用可能性が成立することを示してくれます。 

カメラ搭載のロボットは多様な柔軟性を提供してくれます

Heinen オートメーション GmbH & Co. KGならびにID エンジニア&サービス GmbHは共同で、西ドイツのオイスキルヒェンにあるMiele & Cie. KG の工場においてパレタイジングシステムを 計画し実行しました。KUKA社ロボットはその際、カメラサポートにより、生産にコンポーネントを供給します。ミーレ社にとって決定的な基準は、ハンドリングアプリケーションの柔軟性です。ロボットは、様々なコンポーネントを加工できる状態である必要かあります。

KUKA Roboter mit Kamerasystem
KUKA社ロボットは、カメラにサポートされることで様々なコンポーネントを加工します。

様々なコンポーネントおよび組立プロセスに簡単にそしてすばやく切替できる、独自のハンドリングアプリケーションの実現が、ミーレ社のたっての希望でした

ミヒャエル・ミーセン(Michael Miessen)、Heinen オートメーション GmbH & Co. KGでシステム技術コンセプトの責任者

KR CYBERTECHはコンポーネントの欠陥を点検します

 

このシステムの中心に、KUKA社ロボット KR CYBERTECH シリーズのタイプ KR 20 があります。「ロボットに与えられた課題は、部分的に配列されたステータを自動化で組立プロセスに供給することです」と、ミヒャエル・ミーセン氏は要約します。ステータとはモーター部品であり、衣類乾燥機用駆動モーターの部品です。特別な点は、ロボットグリッパーには、カメラが搭載されています。このカメラは、加工されるコンポーネントの量ならびに正確な位置を点検します。運搬時の振動によって、コンポーネントが規格から数センチメートルずれることもあるので、点検は不可欠です。カメラのサポートによって誤差が認知され、オペレータの助けなしでロボットグリッパーは自律的にステータをつかむことができます。

カメラ搭載のロボットは、ステータの位置決めを点検します。

高度な期待が100パーセント適います

点検の後に、ロボットグリッパーはコンポーネント上に移動して、コンポーネントをつかみます。KR 20 は引き続きそれをターンステーションに下ろします。それに続く加工はハンドリングポータルによって行われ、ステータを製品キャリアに位置付けます。小型積み荷キャリアがすべてからになると、ロボットはこれらを取出しローラーテーブルに積み重ねます。続いて、パレットがシステムから搬送されます。

ロボットへの要求は高く、ロボットは年に220日休みなく2交代制稼働でステータを確実に納入する必要があります。このシステムは2018年3月初旬より稼動しています。「この実現化が支障なく成功したことをうれしく思っています。今までのところ、システムは100パーセント私たちの期待に添うものになっています」と、オイスキルヒェンのミーレ社製造マネージャーであるユルゲン・ツドゥネック(Jürgen Zdunek)氏は語ります。
KUKA KR 20 はステータをつかみ、これを次の生産プロセスに供給します。
Cookie設定 同意

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

Cookie設定