LBR Med

LBR Medは、世界で医療製品への統合に対して認証を受けている初のロボットコンポーネントです。ヒューマン・ロボット・コラボレーションが可能なロボット技術は、特に医療分野の特定の要件に適合しています。

医療機器に組み込むためのユニークなロボット・コンポートネント

診断と治療から外科的介入まで – LBR Medは、医療分野におけるさまざまな作業のための完璧なアシスタントとして活躍します。敏感な7軸軽量ロボットはフレキシブルで、様々な医療活動のための医療製品への統合が容易です。敏感なセンサ技術、包括的な安全予防策、衛生面に最適化された表面、人間との直接的な連携のために設計された制御システムは、医療技術で使用するために適応します。LBR Medを使用することにより、医療機器メーカーは、ロボットコンポーネントをベースにした製品をより容易かつ迅速に開発し、承認することができます。LBR Medは国際的に認められているCBスキームに従って認証されています

医療分野における支援タスクの多目的ロボット

LBR Medは、医療技術におけるヒューマン・ロボット・コラボレーションを可能にします 

フレキシブルなメディアフランジ

 

その多様なinside electrical Medメディアフランジのおかげで、LBR Medは様々な医療製品に容易かつフレキシブルに統合することができます。様々なフランジの接続が、電源、入出力、またはイーサネット用など顧客固有の医療機器などに利用可能です。

 

フレキシブルなメディアフランジにより簡単に統合できます。

ヘルスケアの支援タスク:安全、高精度、一定


精確

キャリブレーションと高精度作業のために、LBR Medは機器の追加を必要としません。統合されたアライメントセンサーにより、完全に自律的なキャリブレーションと±0.1mm〜±0.15mmの優れた繰り返し精度が可能になります。

フレキシブル

普遍的な適用可能なコンポーネントとして設計されたLBR Medは、さまざまなソリューションにシームレスに統合できます。多数の事前設定されたインターフェースのおかげで、医療技術におけるさまざまなアプリケーションのための汎用的なロボットシステムとして活躍します。

安全

LBR Medには、広範なセキュリティ構造があります。ハードウェアとソフトウェアによって、関連信号が安全に関して評価されます。安全装置には、トルクセンサ、ファーストエラーセーフティ、セーフティインターフェイス、設定可能なセキュリティ事象が含まれます。

繊細

LBR Medは、インダストリアル4.0環境でその価値が実証されているKUKAロボットLBR iiwaをベースにし、冗長統合トルクセンサも装備されています。これにより、LBR Medは、明確な触覚機能、外部の影響の認識、信頼性の高い衝突検知を開発することができ、LBR Medのヒューマン・ロボット・コラボレーションが可能になります。

IERA Award winner 2018

LBR Medデータの概要

LBR Med 7 R800 LBR Med 14 R820
最大可搬重量
7 kg
14 kg
軸数
7
7
ハンドバリエーション
インラインリスト
インラインリスト
取付けフランジA7
DIN ISO 9409-1-A50
DIN ISO 9409-1-A50
取付け位置
自由
自由
位置の繰返し精度 (ISO 9283)
± 0.1 mm
± 0.15 mm
軸別回転数精度
(最高回転数時)
±2 %
±2 %
最大リーチ
800 mm
820 mm
重量
25.5 kg
32.3 kg
コントローラー
保護等級
IP54
IP54
ダウンロードセンターへ

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意