Lassercladden

Laser metal deposition

Laser metal deposition with the aid of powder-based or wire-shaped filler materials can be used for repair work, the application of wear and corrosion protection, and the production of 3D components (additive manufacturing).

レーザー堆積溶接:技術

レーザー堆積溶接では、高性能のレーザーが熱源として使用されます。この場合、ほぼどのような材料でも溶かすと同時に塗布することで、表面堆積が形成されます。追加材料は金属粉末などの粉末状で、または溶接ワイヤーを使って供給される場合もあります。粉末を使ったレーザー堆積溶接の場合、レーザーが多くは一点に集束しない状態でワークを加熱し、局所的に溶かします。同時に、不活性ガスが細かい金属粉末と混ざった状態で供給されます。加熱された箇所で金属粉末が溶けて、ワークの表面と結合します

Wire-based laser metal deposition is a material-efficient 3D printing process used for producing metallic components

Additive manufacturing with wire feeding offers significant advantages in the production of geometrically complex and large components.

レーザー堆積溶接:メリット

  • 交換せずに修理:複雑で高価な部品の場合は、小さな損傷や通常の消耗でも莫大な費用がかかることがあり、そのような部品を一式交換しなければならないことがよくあります。そのため、修理に価値があります。その場合には、レーザー堆積溶接が理想的な方法です。
  • 機能化された表面:大きな材料パレットが、レーザー堆積溶接の際に、摩耗保護や防錆のためなどの各機能に合わせて表面を最適に調整できるようにします。
  • 部品あるいは機能エレメントの付加製造は、工業生産の分野でますます使用されるようになっています。タービンエレメントなどの大型部品の領域では、レーザー粉体堆積溶接を利用した機能エレメントの取付けが、製造における大幅な節約につながっています。
  • 溶接ゾーンへの熱の作用が少ない:遅延は狭い許容範囲内にとどまり、堆積する材料の組織構造は多くのアプリケーションに関して、元の部品に対する要件を満たすか、それを上回ります。

自動レーザー堆積溶接

KUKAはレーザー堆積溶接に関して、個別ソリューションおよびあらゆる種類の製造技術を提供します。それはモジュール式のロボットセルから全自動プラントにまで至り、他の接合技術と組み合わせても提供されます。

KUKAのコンパクトセルを使用したレーザー粉体溶接によるレーザー材料加工

Laser metal deposition: hybrid additive manufacturing

Discover the hybrid additive manufacturing solution from KUKA. The goal of the ProLMD project is the industrial implementation of hybrid manufacturing processes using laser technology. A Quantec KR 90 HA robot builds up new structures layer by layer on a conventionally manufactured base component. Thanks to the use of a fiber-guided system, the robot remains virtually unrestricted in its workspace. This makes it possible to respond flexibly to component geometry and size – even in the case of small batch sizes. The development of a locally integrated shielding gas system, which is only deployed when required, offers further advantages. This system is supplemented with new laser processing heads, which make use of both wire and powder as filler materials, as well as with a computer-aided manufacturing (CAM) system suitable for hybrid production. Several filler materials are being researched within the framework of ProLMD with a view to developing highly efficient laser material deposition processes.

Laser metal deposition: hybrid additive manufacturing
ProLMD joint research project: Find out more about this in the KUKA blog article.
Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定