KUKA Toledo Production Operationsのインダストリー 4.0

KUKA Toledo Production Operations、略してKTPOと共に、KUKAはデジタルサプライチェーンおよびインダストリー 4.0においてマイルストーンを打ち立てました。すでに2006年に、時代を先駆けるネットワーク化したシステムとアーキテクチャによる製造ソリューションが生まれ、生産性における飛躍的な進歩を可能にしました。

2006年までは、高ロット数とタイプやバリエーションの多様性を同時に実現する効率的な生産は、一つの同じ生産ラインでは不可能と見られていました。しかし、KPTOはそれを反証しました。Jeep® Wrangler社の車体生産用のホワイトボディ工場は、ネットワーク化とプロセス制御の観点で生産性における模範になっています。しかもこれは、それまで実現不可能だったフレキシビリティを実現しています。KUKAは当時すでにインダストリー 4.0を現実のものにしていたのです。

「ボックスの中のモノのインターネット」

タイプやバージョンに関係なく、生産ラインでは77秒毎に1つの車体が製造されます。10年前から毎日確実に製造が行われています。これを実現するために、KUKAは工場の259体のロボットとさらに60,000個の高性能バックエンド監視システムおよび親データ管理システムを搭載した機器を結びつけました。このようにして、当時、いわゆる「ボックスの中のモノのインターネット」が生まれました。それから持続的に、ダイナミックに開発が進んでいます

そのプラントは何年も前から、アメリカ自動車産業の最も効率的な構造部品製造ラインの一つであり、インダストリー 4.0のパイオニアとなっています。約150万のJeep® Wrangler用の車体が、今日までにほぼ分刻みで生産されてきました。クラシックなツードアでも「Unlimited」シリーズのフォードアでも同じです。

KTPOのプラントはインダストリー 4.0のパイオニアの一つです。

先進的なオペレーターモデル

Jeep® Wranglerは、生産においても需要においても成功モデルと言えます。上昇する生産数に難なく対応するために、KTPOはインテリジェントな制御システムによって2シフト体制のノンストップ車体生産を可能にしました。「KTPOは最高品質の車体を確実に供給します」とKTPO社長ジェイク・ラドゥサーは強調します。

先進的であるのは、KTPOが組み入れられているオペレーターモデルも同じです。4つの製造現場を包括する「Toledo Supplier Park」では、複数の下請け業者がそれぞれの作業場において独自の管理で事前段階全体を担当しています。Chrysler自身は塗装および最終組立てを担当しています。

インダストリー 4.0により、Jeep® Wranglerの成功モデルを求める高い需要に難なく応えることができます。

インテリジェントなライフサイクル管理プラットフォームとしてのKTPO

生産プロセスをバックエンド監視システムとネットワーク化することから始まったものは、インダストリー 4.0の過程でインテリジェントなライフサイクル管理プラットフォームに発展しました。完全にデジタル化されたソリューションは、生産と連携して、原材料納入から生産プロセスを経て製品搬出に至るまでの価値連鎖の全工程をリアルタイムで制御および監視します。さらに弱点を発見し、稼働率を最適化します。

日々、KPTOはその記録と共に、KUKAが自動車産業における品質と効率への最高の要求およびインダストリー 4.0の要求を満たせる構造部品製造を稼働させているということを証明しています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK