アプリケーションによるKUKA小型ロボット操作

robomotion社とSOTEC社は、ロボット制御をより柔軟で簡単にするアプリケーションを開発。クラウドからスマートフォンでKUKA KR 3 AGILUSの制御が可能になりました。

クラウド経由でのワイヤレス制御

今日、インテリジェントなネットワーキングによる生産性と柔軟性の向上が期待されています。これにはロボットが重要な役割を果たしており、ロボットはクラウドを介してインテリジェントな生産工程に統合されます。robomotion社SOTEC社のロボットアプリケーションは、スマートフォンを使用してKUKA KR 3 AGILUSのワイヤレス制御を可能にします。

インテリジェントなクラウドベース制御の実現

「SOTEC社は、従来の物理的プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の使用ではなく、クラウドを介してのロボット制御を必要としていました。」robomotion社CEO アンドレアス・ヴォルフ氏は述べます。KR 3 AGILUSは、ローカルまたはパブリッククラウドに保存された基本PLCからワイヤレスで制御されます。スマートフォンとロボット間の通信は、リアルタイムでモニタリングするとができます。

スマートファクトリーに必要なクラウド

スマート工場に向けた技術開発の進歩により、ロボット制御システムもますます柔軟で簡単になる必要があります。そのステップの1つは、時間や場所、プログラミング知識の有無に関係なく、ユーザーがロボットを制御して分析できること。これが研究プロジェクトの出発点でした。アプリケーションに統合されているドイツで最初のKR 3 AGILUSは主にピック&プレイス作業向けに設計されており、速度と精度が特長です。また、コントローラが比較的小さく簡単に運搬し配置することが可能です。 
クラウドからKR 3 AGILUSを制御

可能性を切り開くインテリジェントなネットワーキング

「スマートフォンによるロボット制御は自然と注目を集める組み合わせです。」SOTEC社CEO フロリアン・ホルツ氏は述べます。最初の肯定的なフィードバックに続いて、プログラムはクラウドによって提供されるさらなるオプションを含むように拡張されます。KR 3 AGILUSは、新しいグリッパー機能を含むように拡張されており、センサー機能も検討されています。
Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定