KUKAの小型ロボットをロボットアプリでスマートフォンから操作

robomotion GmbH社とSOTEC GmbH社は、ロボット制御をより柔軟かつ簡単にするためのアプリケーションを開発しました。KUKAのロボット KR 3 AGILUSをクラウドからスマートフォンで制御することが可能になりました。

新しいロボットアプリでスマートフォン経由でクラウドからのワイヤレス制御が可能

今日、企業はインテリジェントなネットワーキングにより、生産性と柔軟性を向上させることを期待しています。ロボットはこの点で重要な役割を果たします。これは、クラウドを介してインテリジェントなプロダクションプロセスに統合されています。robomotion GmbH社SOTEC GmbHのロボットアプリケーションは、スマートフォン経由でKUKA KR 3 AGILUS のワイヤレス制御を可能にします

KUKA KR 3 AGILUS、スマートフォンによるインテリジェントなクラウドベースの制御を実証

「SOTEC GmbH社は、通常通りに物理的プログラマブルロジックコントローラからではなく、クラウドからロボットを制御することを望んでいましたが、」robomotion GmbH社のマネージングディレクター、アンドレアス・ヴォルフが発表します。KR 3 AGILUSの無線ロボット制御は、ローカルまたはパブリッククラウドの基本PLCに格納されています。スマートフォンとロボットの間の通信は、モニター上のモニターを介してライブでモニタリングするとができます。

スマートファクトリーにはクラウドが必要です

スマートファクトリーの方向への技術開発の進歩により、ロボット制御システムもますます柔軟かつ簡単になるのは必然です。その要素の一つは、ロボットのユーザーが、時間と場所に関係なく、またプログラミング知識がほとんどなくても、ロボットを制御して分析できることです。まさにここで、研究プロジェクトとして開始された作業が始まりました。同様に、ドイツで納品された最初の KR 3 AGILUSがアプリケーションに統合されています。ロボットは、主にピック&プレイス作業のために設計されており、速度精度が印象的です。さらに、本製品のコントローラは比較的小さいため、簡単に運搬して配置することができます。 
KR 3 AGILUSはクラウドから制御します。

ロボットによるインテリジェントなネットワーキングアプリおよびクラウドには多くの可能性があります

「もちろん、スマートフォンによるロボットとその制御の組み合わせが注目を集めています」SOTEC社のフロリアン・ホルツCEOはそう述べます。最初の肯定的な回答の後、プログラムはクラウドによって提供されるより多くのオプションを含むように拡張されます。KR 3 AGILUS新しいグリッパ機能によって拡張されますセンサ機能も考慮されています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意