中規模企業向けロボティクスと自動化

Rohmann Automation GmbHは、KUKA ロボットKR AGILUSをベースとしたロボットセルを考案しました。このロボットセルは、特に中規模企業の板金加工をサポートします。

功を奏する産業用ロボットの導入

中小企業においてロボティクスと自動化は幾度も導入が断念されてきました。「自動化に対する要望があることを話ではよく聞きますが、どうすればロボットでプロセスをどう自動化できるのか、各企業に認知されていません」と、Rohmann Automation GmbHのヤッシャ・ローマン社長は言います。

しかし、これらの心配はたいてい解消できます。経験上、 中小企業にとっても産業用ロボットの導入は功を奏することが分かっています。そのことをRohmann Automation GmbHは、このターゲットグループ専用に適合されたロボットセルで実証しています。この用途の中心にKR AGILUSシリーズKUKAロボットがあります。 「簡単に組み合わせて、その後、お客様に合わせて簡単に操作できるため、小型ロボットに注力しているのです」と、ヤッシャ・ローマン社長は説明します。

ロボットセルにおける正確な作業プロセス

ロボットセルは、電動駆動システムに合わせてパネルを製造するよう設計されています。多くの企業ではまで人手で行われている、絶え間なく繰り返される単純作業。KR AGILUSは、バキュームカップを使用して、パネルパーツを吸着保持します。その後、ロボットはパネルをモリメートル単位で正確にサーボプレスに搬送します。このサーボプレスは各部材の自動折り曲げを行います。加工された部材をロボットはトレイマガジンに収納します。ロボットセルは、作業プロセス中でもロード/アンロードができます。これにより、プロセスを停止するすることなく、施設内で作業を続行することができます。安全面をサポートするのがKUKA.SafeOperationソフトウェアです。

Industriële automatisering
産業用ロボットKR AGILUSの使用により、各プロセスを簡単に自動化することができます。

中規模企業にとっての産業用ロボット導入のメリット:

  • 生産性の向上
  • 高品質を一定に維持した製造
  • 従業員を反復作業から解放
  • ロボティクスおよび自動化のフレキシブルな導入

ロボティクスと自動化が生産性を向上

 

「このソリューションによって生産性を約40%向上させることができます」とヤッシャ・ローマン社長は言います。これによって、特に、従来手作業で折り曲げ作業を行なってきた従業員2~3名をその作業から解放し、反復作業のほとんどない他の作業に就かせることができるようになります
Industriële automatisering
中規模企業向けのコンパクトなロボットセル

中規模企業にとっては、ロボティクスと自動化において独自の積極的な経験を積むことが重要です。これによって中規模企業は、自社に合った個別のソリューションを見い出すことができます。ロボットの導入を一旦英断した企業は、その後、その他のプロセスの自動化もスピードアップします。

Rohmann Automation GmbH、ヤッシャ・ローマン社長

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意