KUKA.TouchSense

KUKA.TouchSenseはアーク溶接アプリケーション専用のシーム探索アプリケーションです。このアプリケーションでワークの形状および位置のずれを認識し、補正することができるため、部品での動作プロセスが正確にマスターアウトライン通りになります。

KUKA.TouchSenseソフトウェアの機能

KUKA.TouchSenseは、オプションでKR C4コントローラに加えることのできるソフトウェアテクノロジーパッケージです。それによりKUKAロボットは、溶接トーチあるいは外部センサーを使って部品およびシーム探知を行えるようになります。それに必要な機能、ステータスボタンおよびプログラミングのためのインラインフォームがユーザーに提供されます。さまざまなセンサーをフレキシブルに接続することによって、KUKA.TouchSenseは炭酸ガスアーク溶接以外にも、例えばパレタイジングなどのアプリケーションに使うことができます。

探索および修正のプログラミングは非常に簡単です。修正はティーチングされたマスター部品との比較計測に基づいて算出されます。ずれや捻じれの修正も可能です。KR C4コントローラで高速計測インプットを使用することで、探索を高い速度でも極めて正確な計測結果になるように行えます。それによって探索動作の非生産的な時間を最小限に抑えられ、ロボット設備の最大の生産性を確保できます。

多数のセンサーバリエーションのサポート

センサーは同時に4種類までサポートされます。特に次のバリエーションがあります:

  • センサーとしてのワイヤー先端
  • センサーとしてのガスノズル
  • レーザーポイントセンサー
  • 機械的な検出器
  • 光バリア
Sensoren bei KUKA.TouchSense
KUKA.TouchSenseではさまざまなセンサーの使用が可能です。

KUKA.TouchSenseのシステム要件

  • X33インターフェースを備えたロボットコントローラKR C4
  • KUKA System Software 8.3.2

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意