KUKAリニアユニットKL 1000-2

KL 1000-2は床設置型の独立したKUKAリニアユニットです。このリニアユニットはロボットの追加軸として作動します。対応するロボットコントローラーで制御が行われます。

KL 1000-2の機能と優位性

  • 高性能:
    KL 1000-2には、超高速で短いサイクルタイムが要求されるタスクのために設計されたハイスピード仕様があります。
  • フレキシブル:
    長い移動経路により、作業領域がロボットのリーチの何倍にもなります。リニアユニットが追加軸として作動するため、追加のコントローラは必要ありません。
  • 汎用性:
    床設置型、天井設置型の他、厳しい環境下でのタスクのために汚れから保護するカバーを用意しています。
  • 位置精度:
    1本のリニア軸上でロボット4台まで同時に運転できます。その際、リニア軸上に複数のロボットポジションを設定することが可能となっており、それにより課せられた要件と作業領域に合わせて最適な調整ができます。
  • 生産的:
    駆動装置装備または非装備の台車(テンダー車)を追加してワークや工具をロボットと一緒に動かすことにより、サイクルタイムを短縮できます。
  • 中可搬重量に特化:
    リニアユニットKL 1000-2は、可搬重量30~60キログラムのロボットに適しています。

KL 1000-2の仕様の比較:

Kl 1000-2 KL 1000-2 S
最大移動台車数44
最大定格ストローク30,200 mm30,200 mm
定格可搬重量での速度1.89 m/s2.35 m/s
繰り返し位置決め精度+- 0.02 mm未満+- 0.02 mm未満
軸数11
仕様CV、CCV、C
設置型床、天井床、天井
台車質量320 kg320 kg
定格可搬重量1000 kg1000 kg
メートルあたりのキャリア質量300 kg300 kg
最小定格ストローク1200 mm1200 mm
定格ストローク間隔500 mm500 mm
動力伝達ラック・アンド・ビニオンラック・アンド・ビニオン

KL 1000-2の使用範囲

  • ハンドリング、 装填・取り出し
  • 挿入、装着
  • 切削加工用工作機械
  • その他のハンドリング操作
  • その他のアプリケーション
  • 他の機械でのハンドリング
  • プラスチック加工機器
  • 形状加工用工作機械
  • 計測、試験、検査

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意