KUKAロボットがGebrüder Schwarz GmbH社でのプラスチック射出成形の効率化を可能にします

ドイツ・ロットヴァイル=ノイキルヒにある社員200人のGebrüder Schwarz GmbH社はプラスチック射出成形、工具開発、システムコンポーネントの分野におけるテクノロジーリーダーに属しています。

顧客は医療機器、自動車産業、計測機器、電子機器、各種装置、さらには環境・エネルギー技術の分野まで幅広く、それぞれに最適なソリューションを提供しています。同社で使用する射出成型機や乾燥装置、周辺機器、ロボットシステムには常に最新の技術が求められており、操作に携わるのは、経験と高いスキルを備えた精鋭のエキスパートチームに限られます。2015年2月から、これまで使用されていたKUKAのオートメーション化ソリューション2台に加え、タイプKR AGILUSKR 16の6軸型ロボット2台が導入されています。

ファン製造のためのオートメーション化ソリューション

航空技術と駆動技術において換気装置およびモーターを専門としているebm papst社は、ファンを製造するためのオートメーション化ソリューションを求めていました。作業が複雑でガントリーロボットでは対処できないことから、ドイツ・ツィンメルンを拠点とするインテグレーターBarth Mechanik GmbH社と共に、構想初期にすでにこの選択肢は外されました。コストと品質の面でお客様のニーズに十分応えるためには、従来とは全く異なるオートメーション化が必要でした。複雑なプラスチック射出成形コンポーネントの製造には、精度、再現性、タクトタイムすべてを同じように最大限に達成することが求められるからです。前提となるのは指定したサイクルタイムとプロセスの確実性を、しっかりと確保するという点でした。 

2台のKUKAロボットがチームで作業

ファンの製造のために、KR 16にはツールの中に差し込める4本のシャフトが装備されます。直径1.2 mm、長さ1.5 cmという極小部品をセットする作業は、狂いのない位置精度なくしては実現できません。そのための正確な位置はレーザーが事前に測定します。プラスチック射出成形を終えると、ロボットは4つのファンをツールから取り出し、カメラで検査を行う検品ステーションへと運びます。KR AGILUSシリーズ(KR 6 R900 sixx)のKUKA小型ロボットがその後、完成した部品を検品ステーションから一つずつ取り、パレット式トレイの上に置きます。 
KUKA KR AGILUSは完成した部品を検品ステーションから一つずつ取り、パレット式トレイの上に置きます。

この工程をたった一台のロボットに安心して任せることができるのです。人間が手作業でパーツを扱うと腐食の原因になる可能性があり、素手で触れることはできません。しかし、手袋を着用していては、ごく小さなシャフトをきちんとつまむことが難しくなってしまいます。

同期したロボットシステムによるフレキシビリティと精度

Gebrüder Schwarz GmbH社で採用されたKUKAロボットは品質はもちろん、ロボットの堅牢性と99.995%という高いアベイラビリティで納得の活躍をしています。これらのロボットはリーチ、重量、速度、エネルギー消費において理想的なバランスを保っているのです。また、多機能であることで非常にフレキシブルになり、それがGebrüdern Schwarz社において、指定された製造サイクル内での2台のロボットシステムの同期を簡単なものにしました。フレキシビリティと精度を備えたKR 16-2が射出成形機からの取り出しで活躍しているのに対し、KR AGILUS sixx 6 R900は最大速度における最高の正確性の点で優れています。

高品質での明白な生産性向上

高い品質をムラなく維持できることから、ロボットを中心としたソリューションは生産性の面で飛躍的な成果をもたらしました。将来類似の課題が発生する場合、今回のソリューションはいわばパイロットプロジェクトの役割を果たすことになります。6軸型ロボットを基本にした新しいオートメーション、そして確かな実績に裏打ちされたノウハウにより、Gebrüder Schwarz GmbH社における運用は中長期的にも優れた成果が期待されます。 
KUKA AGILUS(左)とKR 16(右)のロボットは完璧に息の合ったチームです。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意