KUKAの小型ロボットは非常に狭い空間で溶接します

「Welding To Go」(WTG) 1200セル内で、KR AGILUSシリーズのKUKA KR 6 R700 sixx ロボットは確実に溶接します。ミニロボットセルは、インテグレーターのPaul von der Bank GmbH社により開発されました。2015年10月以来、ミニロボットセルは自動車業界と長年にわたる技術パートナーであるBrüninghaus & Drissner GmbH社の本社で使用されています。

不活性ガス溶接用最小ロボットセル

WTG 1200セルは、ユーロパレット寸法が1200×800 mmで、不活性ガス溶接用の業界最小のロボットセルです。セル内へは、顧客の要求に応じて、KR AGILUSシリーズの最適な小型ロボットを投入できます。この柔軟性は、オープンなオペレーティングシステムと、汎用性があり拡張可能なプログラミング環境により実現しています。

電源、クランプシーケンス、セキュリティ技術用に完全にプログラムされたインターフェースを備えたコンパクトな設計により、当社のミニロボットセルは柔軟で、強力で手頃な価格です。

コーネリア・ホーナーマン (Cornelia Hornemann)、製品紹介、プロジェクト管理、生産計画、Paul von der Bank GmbH社

KR AGILUSにより、速い作業スピードが実現します

これらの利点は、Brüninghaus & Drissner GmbHにとっても有益です。セル内では、例えば、6 kgの荷重と約706 mmの範囲のKR 6 R700 sixxがサービスを実行します。KR AGILUSシリーズのロボットは隅々まで、超高速作業に合わせて設計されています。WTG 1200のスライドドアは、自動または手動で開くことができます。続いて作業者は、構成要素を溶接装置内に配置します。ドアを閉じると、小型ロボットは溶接を開始します。
Paul von der Bank社のWTG 1200セル内で、KUKA KR AGILUSシリーズのロボットは確実に溶接します。

ロボット溶接セルが生産性と品質を向上させる

 「WTG 1200は弊社において3シフトモードでの作業を確実に行います」と、Brüninghaus & Drissner社の生産マネージャーであるマルクス・ニコライ氏は説明します。自動生産中に、オペレータは次の構成要素を手動で準備することが可能になりました。その結果、ミニロボットセルは最大50%までの大幅な生産性向上を実現しました。溶接部の品質も小型ロボットの再現性のおかげで大幅に改善しました。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意