移動ロボットセルは、CNCマシニングセンターのローディングとアンローディングをサポートします

wbt automation GmbH & Co. KG社が開発した移動型ロボットセルのMRC flextray内で、KUKA KR AGILUSは使用されています。DANNORITZER Medizintechnik GmbH & Co. KG社では、小型ロボットがCNCマシニングセンターのローディングとアンローディングを行います。

KR AGILUSがあるロボットセルは、ピックアンドプレースアプリケーションを自動化します。

資格のある専門家を単調な荷積みおよび荷下ろし作業による負担を減らすためにDANNORITZER Medizintechnik GmbH & Co. KG社はロボットセルMRC flextrayを使用しています。これは、インテグレーターである wbt automation 社によって開発され、KR AGILUSシリーズのKUKA KR 6 R900を備えています。KUKAの小型ロボットにより、CNCマシニングセンターの自動ローディングおよびアンローディングを保証します。フレキシブルな引き出しシステムは、DANNORITZER Medizintechnik社で国際的な需要を満たし、生産ニーズを高めるのに役立ついくつかの利点を提供します。
KUKA KR AGILUSがCNCマシニングセンターのローディングとアンローディングをどのようにサポートしているかをビデオでご覧ください。

ロボットは、柔軟性、精度、速度および比較的狭い接地面積のため、生産性を向上させるためには最善の方法です。

DANNORITZER Medizintechnik GmbH & Co. KG社 生産管理者 ジュリアン・ダンノリッツア

フレキシブルなロボットセルによりCNCのフライス加工を最適化

マシンインターフェイスが統合された独自のドッキングステーションにより、MRC flextrayは安全かつ正確にマシニングセンターに配置されます。「スムーズに動く車輪のお陰で、移動可能なセルは次のアプリケーションに簡単に移動でき、ドッキングして起動することができます」wbtのマネージングディレクターヨアヒム・ビュルケルトはそう説明します。その後、加工前もしくは半加工したパーツを載せたパレットが差し込まれ、ロボットセルへと引き継がれます。KUKAの小型ロボットは、対応するドロワーを開き、部品を取り外してクランプ装置に配置します。処理後、ロボットはパーツをパレットに戻します。製造管理部長を務めるジュリアン・ダンノリッツァー氏は、「検査を行うパーツへのアクセスや、加工の信頼性に関わる様々なパラメータへのクエリを、自動運転を中断せずに行うことができています。」と語ります。

ロボットセルはパーツごとに区分された2つのパレットを備える引き出しを、最大4つまで扱うことができます。そのため、中小サイズのロットにも適しています。もちろん、お客様のニーズに合わせた装備の拡張も問題ありません

ロボットセル MRC flextrayでは、KUKA KR 6 R900 sixxが最大限の柔軟性を保証します。

ロボットベースの自動化によるプロセスと品質の向上

DANNORITZER Medizintechnik社では、KUKAの小型ロボットとフライスセンターを含むロボットセルが確実に連携します。数量は長期にわたっての計算が可能であり、フライス加工センターの稼働時間を延ばすことに成功しました。新しいフライス加工技術の適用により、フォローアップのプロセスが余分になりました。その結果、プロセスが合理化され製品の品質が向上しました。したがって長期的には、さらなる商品を自動化に含めることが検討されています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意