自分の現在地を選択してください:

瞬く間に自動化を実現

使い捨て手袋の開発は時間のかかるプロセスが必要となっていました。マレーシアの企業であるLe Inoova社は、インテグレーターであるIDEA社とKUKAロボットの協業によりこのプロセスを自動化しました。生産時の精度が向上し、無駄の削減が可能となりました。


手袋製造における効率的なソリューション

毎年、世界中で約3,000億個の使い捨て医療用手袋が使用されており、その半分はマレーシア製です。コロナ禍のためだけで生産量がさらに急増しました。セランゴール州にあるマレーシア企業のLe Inoova社は、2013年から使い捨て手袋の生産者をサポートしてきました。「私たちは、手袋業界向けのアドバイスとソリューションを提供しています。それにより、多くの業界関係者が同じ問題を抱えていることが分かりました」とLe Inoova社のマネージングディレクターであるKhoo Siong Hui氏は述べています。これは特に、 実際の手袋の製造前の開発プロセスとテスト段階を指しています。まさにこの分野でLe Inoova社は新しく費用効果の高い方法を開発しました。例えば、1日あたり約2,500キログラムのラテックスの無駄を1日あたり30キログラムに削減することが可能です
マレーシア企業であるLe Inoova社は、手袋業界向けのソリューションを提供しています。KR IONTECが、ラテックスやニトリル製などの使い捨て手袋の製造において、より高い精度を保証します。

KUKAのシステムパートナーであるIDEA社と協力

使い捨て手袋の製造をよりフレキシブルにし手頃な価格で簡単にアクセスできるロボットソリューションを提供することが目的でした。同じくマレーシアのKUKAシステムパートナーであるIDEA社と共同で、同社は開発中のグローブ浸漬プロセス用のロボットソリューションを開発しました。手順は基本的に次のようになります。化学者がセラミックス製の手型を液体ラテックスやビニールまたはPVCの液体に手で浸します。材料はセラミック製ディップモールドに均一に付着し、オーブンで焼成します。「通常、滞留時間と温度を正確に制御できないため、手動浸漬プロセスに多くの時間を費やします。これにより、ラテックス手袋などの最終製品の完成が遅れます」とフイ氏は説明します。 
ラテックス製かニトリル製か、粉なしか粉ありか、白か黒かに関わらず、通常、使い捨て手袋の開発には多くの手作業が必要です

KUKAロボットによる高品質のラテックス製手袋

ここでKUKAロボットが活躍します。その目的は、高品質の使い捨て手袋を製造する際に、浸漬時間や起こり得るエラー、ラテックスの不均一な分布を減らすことでした。「自動化はどの業界でも重要であると考えています」とIDEA社のマネージングディレクターであるCY Ching氏は述べています。「つまり、このことは手袋業界にも当てはまるのです。」セラミック製のモールドをさまざまな液体に浸す手作業をKUKA産業用ロボットが代行します。
ロボットを使用することにより、ラテックスはそれぞれの使い捨て手袋に特に均等に分配されます。起こり得るエラーは、生産前に排除されます
材料はロボットの前にあるさまざまな半円の混合容器に配置されています。ここでラテックス製使い捨て手袋は作られます

挑戦的な課題は同僚ロボットが適切に解決

KR IONTECの前の半円体の中に液体の入った混合容器が置かれています。セラミック製モールドは、従業員や化学者によってロボット自体にすばやくかつ簡単に取り付け可能です。ロボットは自動でモールドを個々の容器に浸します。オーブンで焼成後、化学者がラテックス製手袋の品質を確認し、次の検査のために浸漬時間や浸漬角度などのさまざまなパラメータをすぐに変更できます。これによりエラーが減り、ラテックス層の厚さに関してより正確な結果得られます。すべてが製品開発に適合した場合、次のように言います。ラテックス製手袋の量産にゴーサイン。

KR IONTECで浸漬

しかし、どのロボットがその作業に適しているでしょうか?「私たちはKR IONTECに決めました。大きすぎず、化学実験室などの狭くて限られたスペースでの使用に最適です」と、マレーシアKUKAのカントリーセールスマネージャーであるVincent Chia Wei Siang氏は述べています。床や壁あるいは傾斜した場所でも、KR IONTECは、コンパクトなデザインとクラス最大の作業エリアを兼ね備えています。防水、防塵のインラインリストと保護モーターを装備した産業用ロボットは、ほぼ全ての利用分野に適しています。Le Inoova社は、KUKA.Simにより使い捨て手袋の浸漬システム全体を迅速かつ簡単にプログラムしました。「シミュレーションソフトウェアはユーザーフレンドリーになるように設計されています」とCY Ching氏は述べています。
人の代わりに機械Le Inoova社は、KUKAやIDEA社と協力してロボットソリューションを特にラテックス製手袋製造用に開発

お約束できるロボットによる一貫した手袋品質

マネージングディレクターのフイ氏は、KUKAとの協力に非常に満足し、短期間で大きな成果を得ることができました。「ロボットを使うことで、人によって常に発生するエラー最小限に抑制し、製品開発を加速できます」。例えば、ラテックス製手袋を使用した場合の材料の無駄は、1日あたり約2,500キログラムから30キログラムに大幅に削減できます。「当社の顧客は、自動化によって資源・資金・時間を節約できます」とフイ氏は説明します。IDEAのマネージングディレクターであるチン氏は、KUKAとの協力にも高く評価しています。「部品からサービス、トレーニングに至るまで、KUKAの技術サポートは、私が経験した中で最高のものです。」 
引裂き強度は?加工は均一か?Le Inoova社の従業員がラテックス製手袋を1つずつ確認します

KUKAやIDEAは私たちを大いに助けてくれたので、彼らとの協力を信じています。彼らは手袋業界を含む多くの分野に対応した豊富な経験とオーダーメイドのソリューションを用意しています。

Le Inoova社マネージングディレクター、Khoo Siong Hui氏

使い捨て手袋:研究開発の全体的なソリューション

フイ氏はさらにKUKAと緊密に協力して、手袋の浸漬プロセスの将来性のあるソリューションを構築したいと考えています。Le Inoova社は、顧客の望ましい製造要件を完全に満たすことができると確信しています。同時に、品質と信頼性において妥協しないことが重要でした。「このシステムは、研究開発の包括的なソリューションとして機能し、理解しやすく問題のない形で浸漬プロセスを最適化することができます」と、マネージングディレクターのフイ氏は述べています。「私たちの目標は、産業用ロボットアームを日常生活に統合し、繊細な作業を高い精度で実行できるようにすることです」。KUKAとシステムパートナーであるIDEA社により、手袋業界に自動化がもたらされ、使い捨て手袋の世界的な需要に対して長期的に確保できるようになりました。

最寄りのKUKAシステムパートナーを探す

ここで、お客様の業界や課題に応じた最適なパートナーを見つけてください。

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定