KUKAのロボットバリ取り機がGrind Master社で鋳造工場を変える

金属加工機械の技術リーダーであるGrind Master社は、ダイカストアルミニウムコンポーネントのバリ取り工程を自動化するのに役立っています。可視クラスAコンポーネントの高品質要件を考慮して、KR AGILUSシリーズの2つのKUKA小型ロボットは、生産性と品質の向上に貢献し、同時に全体のコストを削減しました。

Grind Master Machines Pvt. Ltd.の成功事例は、1984年にオーランガバードの歴史的な街で、ある夫婦のエンジニアリングに対する情熱、小型のガレージ、はるかに少ない予算から始まりました。30年以上経った今、同社は金属加工機械の世界的な技術リーダであり輸出者です。2016年1月、Grind Master社はKUKAのロボットを同社のポートフォリオに含めることを決定しました。

過酷な鋳鍛造業の環境に合わせたバリ取り機による自動化ソリューション

インドのバリ取り場では通常、自動車、スクータやオートバイなどのダイカストアルミニウム部品の製造は軽い手作業でおこなわれます。しかし、これらの多くは可視クラスAのコンポーネントであり、仕上げ工程において高い整合性と品質が要求されます。さらに、鋳造所の高温、煙、粉塵は、人間の労働者だけでなく機械にも疲労を及ぼすことが判明しています。労働環境だけでなく、バリ取りの生産性と品質を向上させるためにも、自動化が検討されます。
KR AGILUSによるダイカストアルミニウムの部品のバリ取り。

比類のない品質と安定性を提供する金属バリ取り機

Grind Master社にとって、リニアポータルを利用することは論外でした。ワークの数が多く、頻繁にモデルもアップグレードされるため、より簡単かつ迅速に実行できる柔軟なソリューションが必要となったためです。さらに、ワークの複雑な形状には、6軸ロボットの移動性と速度が求められていました。Grind Master社の場合、その答えが KUKA KR AGILUS だったのです。この小型ロボットは非常に機敏、高速で正確ですが、とても堅牢でコンパクトでもあるため、Grind Master社の鋳造所環境にとって理想的なソリューションです。その結果が、ダイカスト部品に対し誰よりも安定したバリ取りを実現するロボットです

低サイクルと時間の切り替えにより、金属加工における生産性が向上

ワークあたり25秒のサイクルタイム10分の設定時間変更の結果、ソリューションはAurangabad Electricals Ltd.社のような顧客の要求基準を満たす以上のものであることが証明されました。生産性が向上したばかりでなく、生産されたワークの質も同様です。非常に高い費用対効果により、Grind Master社は約3年以内の投資収益率を期待しています。「ロボットによるバリ取りとは鋳造工場とそこで働く人の活動の変革です。それは、危険がなく安全で衛生的な作業環境を生み、高品質の部品を納入し、世界的な製造規範に従うことによるものです。最初の2台のバリ取りロボット導入の成功を元に、私たちはこの作業用ロボットで鋳造工場全体の自動化を進めたいと考えています。」とGrind Master Machine Pvt. Ltd社のCEOであるSameer Kelkar氏は話します。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意