Robot systeem van Monogram personaliseert gewrichtsvervangende operaties

Monogramロボット支援システムが関節置換術をカスタマイズ

Monogram Orthopaedics社はより良いケアを目指し、LBR Medのサポートによる関節膝置換術への革新的なアプローチを開発しました。オーダーメイドのインプラントとハイテクのロボットミリングを組み合わせることで、同社は患者それぞれのニーズに合わせて設計された最適なソリューションを作成しました。

研究によると、5人に1人近くの患者が膝置換術に満足していないとのこと。その理由は、これら手術へのアプローチはこの50の年間ほとんど変わっておらず、粗雑な器具とフリーサイズのインプラントでの治療しか受けられないからです。
Monogram Orthopaedics社創設者で最高医療責任者のDr. Douglas Unis氏は、これらニーズに対処するより良い方法を模索。多くの手術用ロボットが市場に出回る中、インプラントについての新しい考え方を利用したナビゲーション付きCTベース(個人に合わせた手術計画)ロボットシステム「モノグラムロボットシステム」の開発を実現しました。

LBR iiwa Med
©Monogram

より良いロボットシステムによる21世紀の関節置換術

モノグラムロボットシステムのワークフローは、最初から最後まで患者中心。テキサス州を拠点とした同社は、CTスキャンからスタートし、独自のソフトウェアを使用して、患者の生体構造に合わせて3Dプリントされたオーダーメイドのインプラントを自動生成します。CTスキャンは、プリントされたインプラントの特徴をKUKA LBR Medが正確に加工できるよう詳細な術前計画を開発するためにも使用されます。外科医は、このLBR Medを用いて、個人に合わせて精密に作られた空洞に整形外科用インプラントを挿入します。この組み合わせにより、再入院や不満につながる転帰のばらつきの多くが解消されます。

患者に最適な転帰を実現

Monogram Orthopaedics社のナビゲーション付きロボットシステムには、視線の問題を軽減する高効率のロータリーカッティングシステムとトラッキングカメラを装備したKUKA LBR Medが搭載されています。ロボットは(外科医の監視下で)すべてのカットを自発的に実行。システムは、安全のためエンドエフェクタの位置をリアルタイムで追跡できる「閉ループ」アーキテクチャを実装しています。また、動作間境界を避けるために運動学的冗長性も活用します。このシステムは、自動化されたデジタル画像解析アルゴリズムを利用して、3Dプリンティングとロボットを結びつけ、今まで想像もできなかったようなオーダーメイドのインプラント提供を可能にしています。


LBR Medは市販されている医療用ロボットの中では最高のものだと思っています。性能、検査、それに伴う事務処理は、私たちの生活をはるかに楽にしてくれるでしょう。

Monogram Orthopaedics社CEO Benjamin Sexson
©Monogram

ゆるみのリスクを最小限に抑える次世代のインプラント

現在、関節置換術の90%以上がセメントインプラントを使用しています。ジェネリックインプラントでは、個々の患者の生体構造が完全に回復するわけではありません。Monogram社では、関節の代わりに、埋め込まれていないインプラント(プレスフィット)のみを使用。術前計画と3Dプリント機能を活用し、それらを手術用ロボットと組み合わせることで、骨へのインプラントの適合を最適化し、カスタマイズすることができます。その結果、骨の成長やインプラントへの癒合が可能になり、安定したインプラントを実現。全体的に健康的な置換が可能になります。

©Monogram

Monogram Orthopaedics社は次のステップとして、FDAからの510 (k) 認可取得を目指しており、2021年または2022年の米国整形外科学会(AAOS)年次総会でも、このシステムを紹介したいと考えています。

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定