KUKA.TRACC TCP

KUKA.TRACC TCPパッケージは最適、効率的かつ安全な生産プロセスを保証します。KR C4コントローラにオプションとしてこれを加えると、運転中のロボットによるTCPの自動設定および検査が可能になります。

KUKA.TRACC TCPには、自動TCP監視およびキャリブレーションに必要なすべてのソフトウェア機能およびハードウェアコンポーネントが含まれています。このソフトウェアテクノロジーパッケージはKR C4コントローラを補います。これにより、運転中のロボットがそのTCPを設定された間隔で自動的に検査し、必要に応じて更新できるようになります。

その特別な点は、TRACC TCPがTCPの絶対的に正確な基準計測の際にロボットの不正確さも検出し、これをTCPの特定の際に考慮するということです。

このソフトウェアパッケージは2つのコンポーネントで構成されています:

  • ソフトウェア
  • 接続ケーブル(10メートルまたは18メートル)付きフォーク型光電センサー

設備オペレーターおよびアドミニストレーターのために、KUKA.TRACC TCPはsmartPAD上のディスプレイ表示を提供しています。ここにすべての重要な計測結果がテキストおよびグラフィックで表示されます。

機能順序と運転中の操作

設定可能な許容範囲によって、KUKA.TRACC TCPソフトウェアは最適な生産プロセスを保証します:

  • 許容限度1は、典型的な測定偏差および製造品質に影響を与えない程度の小さなTCPの変化を示します。
  • 許容限度2は、偏差が大きすぎるために自動キャリブレーションが適切でなくなる限度を示します。

ソフトウェアの監視ルーチンは数秒の間に、TCPがまだ許容限度1内にあるかを検出します。検査対象はX、YまたはX、Y、Zおよび方位角A、B、Cです。

KUKA.TRACC TCPの操作は特に簡単です。このソフトウェアはPLCにより全自動で、あるいはsmartPAD上のHMIプラグインを通して手動で操作できます。必要に応じて両方を組み合わせることもできます。

KUKA.TRACC TCPのシステム要件

KUKA.TRACC TCPソフトウェアの機能により、一般に運転中に揺れのあるTCPの影響を受けるツールを使っても、最適な生産ができます

次のテクノロジーはKUKA.TRACC TCPの使用に適しています:

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK