KUKAリニアユニットKL 4000

KL 4000 は床設置型の独立した KUKAリニアユニットです。リニアユニットはロボットの追加軸として作動します。対応するロボットコントローラーで制御が行われます。

リニアユニットKL 4000は4000キログラムまでの可搬に耐えられるリニア軸です。これは 長さが1.5 または 2 メートルの2つのモジュールで構成可能です。そのため、全長は最長31.5 メートルにまでなり、その作業スペースが大幅に拡大します。 

KL 4000リニアユニットは、新しいスタンダードを作り出します。

KL 4000の台座のコンパクトな構造には自信があります。最適化されたモーターとトランスミッションの配置 によって有効ストロークはKL 1500-3と比べて0.4メートル大きくなっています。さらに、KL 4000はシンプルで柔軟性のあるプランニングを可能にします。KR QUANTECシリーズとKR FORTECシリーズのロボットを同一のラインに据付けることができるからです。柔軟性をもっと高めるために、KL 4000で4台の台座を同時に動かすこともできます。
KUKAリニアユニットKL 4000 の新開発の台座

メリット


シンプルなプランニング

KL 4000には、KR FORTECでもKR QUANTECでも共用できる設置用ベースが装備されています。そのため、必要となるベースのアンカーポイントの数がKR 1500 に比べて最大 40% まで削減されています。ロボット設置用のボルト穴パターンは同一なので、どちらのロボットでも同じ台座に固定することができます。

最適な配置

ベースをフレキシブルなネジ止めシステムで固定するという新しいベース固定コンセプトによって、溶接作業なしでKL 4000を取付けることができます。これによって、配置にかかる時間が節約されます。さらに、いつでも軸の再調整が可能です。

必要面積の削減

ケーブルベアは、8.4メートルのストロークまでは内装されていて、2台までの台座に付けることが可能です。これによって、リニアユニットの取付け面が削減されます。同時に、KL 4000のストロークが30.4 メートルの場合にはレールの長さは最長の31.5 メートルとなり、大きな作業スペースが実現します。

整備のしやすさ

モーターとトランス ミッションは、ロボットを取外さなくても交換ができるように配置されています。ローラーにも同じことが当てはまり、KL 4000のどの位置でも簡単に素早く交換することができます。フレキシブルな調節が可能なバックラッシュとオプションの常時注油によって、最高の信頼性が保証されます。 

リニアユニット KL 4000のデータと仕様

可搬重量 4000 kg
軸数 1
繰り返し精度 ± 0.02 mm
 取付け位置  床、天井
速度 1.89 m/s
保護等級 IP 65

KL 4000 のオプショナル アクセサリー

  • 走行レールのためのカバー
  • カバーされたキャリア
  • 速度バージョン
  • 45°用アダプタープレート
  • 天井設置
  • テンダー車
  • フローティングベース
  • 常時注油:バッテリー駆動またはPLC制御

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意