自分の現在地を選択してください:

デジタルトランスフォーメーション向けサービス

KUKAのデジタルサービスは、スマートファクトリーの特殊な要件に対応したソリューションを提供します。システムやロボットのシミュレーションから、データのモニタリングや個別評価、サポートに至るまで、弊社はデジタルサービスでお客様に寄り添い、サポートすることで、お客様の生産をより透明で効率的なものにします。


包括的かつ効率的

プラント計画、試運転、モニタリング、継続運転の最適化、精力的なサポートなど、弊社のデジタルサービスは、バリューチェーンの全段階をカバーしています

適切なサービスを利用することで、ロボットフリートだけでなく、システムの管理・保守・セキュリティの最適化が可能になります。これにより、エラーの即時検出と効率的修正が実現します。重要な通知を常時受信して、概要を把握できるほか、必要に応じてリモートでアクセスすることも可能です。さらに、適切なサービスによって、システムの生産性確保や改善余地の発見、全体的なパフォーマンスの向上を実現できるため、効率も向上します。

デジタルサービスを中心としたKUKAのポートフォリオ

カスタマージャーニーの全領域をカバーするポートフォリオ

ロボットを把握 - KUKA iiQoTとともに

KUKA iiQoTは、すべてのロボットのためのIIoTプラットフォーム(「Industrial Internet of Things」)であり、ハードウェア、ソフトウェア、コントローラのいずれからも、すべてのステータスデータを継続的に収集します。これにより、貴社は常にロボットフリートについてばかりでなく、個々のロボットの状態や効率性が余すところなく把握できます。カスタマイズ可能なダッシュボードでは、問題の早期発見、迅速解決が可能です。その際、KUKAのソフトウェア環境への統合がカギとなります。プラント管理、プッシュ通知、保守管理、Condition Monitoring(コンディションモニタリング)を通じて、今日既にプラント運用の大幅な効率化が達成可能です。KUKAの IoT専門 の子会社である Device Insight から最先端のソフトウェアを提供し、データから最大の付加価値を生み出します。

KUKA iiQoTのご案内はこちら

KUKA iiQoTで常に迅速な情報を受信。

KUKA.Simによるプランニングの信頼性

KUKA.Sim は、KUKA社のスマートシミュレーションソフトウェアです。これにより、実際のシステム稼働前から、KUKAロボットを使ったアプリケーションをセルや生産システムで開発し、シミュレーションすることが可能になります。オフラインでプログラムされたロボットの動きは、リアルタイムで描写され、サイクルタイムの観点から解析・最適化されます。実現可能性検証衝突認識などの機能があるため、ロボットプログラムと作業セルレイアウトが実現可能であることを確認できます。
その際、データの整合性が完全に保たれるため、シミュレーションで起こったことは、現実でも起こるのです。貴社にとってのメリット:新しい生産をより良く、より柔軟に計画できるようになるだけではありません。システム発注前にテストして最適化することも可能です。このように、KUKA.Simは最小のコストで最大の計画信頼性を実現します。

KUKA.Simの詳細はこちら

シミュレーションを現実に:KUKA.Simはプランニングの信頼性を最大限に高めます。

KUKA VCSモニタリングによるモニタリング

KUKA VCS (Visual Comissioning System)で生産・組立ラインの最適化を実現。PLCやロボットからの自動信号を記録・処理し、わかりやすく表示するモニタリングツールです。これにより、すべての重要なプラントパラメーターを表示・評価し、その後、それに応じた最適化を行えます。

KUKA VCSは、複雑なプロセスを透明化し、制御可能にします。

KUKA.DeviceConnectorによるネットワーク化

KUKAロボットは、ステータスメッセージ、動作プロファイル、診断値など、さまざまな価値あるデータを提供します。KUKA.DeviceConnector (KDC) は、デジタルKUKA製品やサービス、あるいは個々の顧客アプリケーションなど、クラウドやオンプレミスを問わず、さまざまなアプリケーションでこのデータを迅速かつ容易に利用できるようにします。

KDCは、構造化・標準化されたデータモデルOPC UAにデータを転送し、OPC UAを介してエッジまたはクラウドと通信を行います。また、ハードウェアを追加することなく、MQTT(Message Queuing Telemetry Transport)を介して、Kuka Cloudやお客様のクラウドと直接通信することも可能です。

その情報はその後、分析・処理されます。例えば、資産管理、通信、トラブルシューティング、状態監視、診断に活用できます。このようにして、システム内のボトルネックの検知・解消、状態監視や予知保全による生産停止回避とシステムの生産性向上を実現します。

ステータスメッセージでも、動作プロファイルでも、診断のキーとなる数値でも。KDCはすべてのデータを提供。

KUKAリモートサービスによるサポート

生産現場における大きな課題の一つに、システムやロボットのダウンタイムや故障があります。問題を解決するのが遅れるたびに、お金がかかるのです。このため、KUKAリモートサービスの認定サービス技術者は、常に迅速に現場に駆けつけます。安全で暗号化されたVPN接続とコンパクトなKUKA.ConnectivityBoxを通して、オンプレミスで何が起こっているかを確認します。リアルタイムにコントローラーにアクセスできるため、どこに問題があり、どうすれば解決できるかを極めて迅速に知ることが可能です。出張や現地への出動は、通常では、もはや不要です。

リモートサービスについての詳細はこちら

リモートサービスは、いつでもあなたに寄り添っています。

KUKA Xpertで時間短縮

KUKA Xpertは、当社のデジタルナレッジデータベースです。サービス技術者、プランナー、プログラマー、オペレーター、コミッショナーは、ここからKUKA製品のすべての技術情報・解説・指示書を見つけ、多くの問題を迅速かつ自主的に解決することができます。

KUKA Xpertのご案内はこちら

デジタルナレッジデータベースKUKA Xpertで、KUKA製品に関するすべての関連情報を見つけられます。

KUKAにおけるインダストリー4.0についての詳細をご覧ください。

当社はCookieを使用しています

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定