AL-KO社で自動車用コンポーネントの溶接を行うKUKA KR 16

自動車製造における革新的なロボット溶接設備

自動車セクター向けの革新的なロボット溶接システム

AL-KO Koberグループは、自動車技術、ガーデン&ホビー、換気技術の分野で革新的な製品を開発・製造しています。この国際的に事業展開する企業グループは、世界中に拠点を持ち、4,000名を超える従業員を擁しています。企業の発展に伴うグローバル化と事業拡大で、高い評価を得ているヨーロッパ市場向けのAL-KO製トレーラー用軸およびコンポーネントは、従来シュヴァーベンの小都市ケッツにある本社で製造されてきました。事業用トレーラーやキャンピングカー用のAL-KO社製軸は業界でベンチマークとみなされています。

トレーラー軸の溶接は非常に要求が多い

乗用車のコンポーネントの溶接シームは高い動的負荷を生むため、トレーラー軸溶接は接合技術の中でも最も難しいものであるとされています。限りないフレキシビリティを維持しながら最高品質の部品を確保するためには、安定した溶接加工と最新の設備技術は不可欠の条件となります。

2機の溶接セルによるフレキシビリティの向上

AL-KO社はロッカーアーム、盗難防止システム、事業用トレーラー軸向け各種付属品の製造に、業界トップのシステムインテグレーターRobolution社の同じ溶接セル2機を採用しました。このステーションでの製造は10~500個という小規模ロットで、バリエーションは非常に多岐にわたります。2種類の特製ポジショナーを装備したRobolution製汎用セルは、現場で極めて優れたフレキシビリティを発揮し、6軸型溶接ロボットKUKA KR 16を使用することによって同時に優れた品質と生産性を保証します。

6軸型溶接ロボットKUKA KR 16は、溶接におけるスピードと精度の点で優れています

6軸型産業用ロボットが最高の溶接結果をもたらす

5軸ポジショナーと設備の縦方向に取り付けた特殊ポジショナーTurnFixで、驚異的に短い非生産時間を実現する独創的な設備が仕上がりました。軌道ポジショナーとTurnFixを取り入れた設備のインテリジェントな設計により、2つのステーションで製造時間に並行してセットできます。6軸型のKR 16ロボットはスピードと精度に優れていて、それによって傑出した溶接結果をもたらします。

素早い段取り替えと多種のパーツの製造 

現在は設備に、パーツの種類に合わせた100近くのさまざまなプログラムが入っています。他種のパーツへの段取り替えは、ほとんどのケースで5分以内に完了します。各種の小型パーツから最長800ミリメートルのコンポーネントまで、パーツのバリエーションは多岐にわたります。溶接プログラム全体だけではなく装置もまた、設備から設備への引継ぎがいつでもできるようになり、付加的な柔軟性をもたらしてくれました。倉庫管理やスペアパーツ管理も考えられる限りシンプルになっています。どこかの設備で不具合があった場合、特に急ぎのオーダーでも時間を無駄にせず、別の設備で溶接することができます。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意