KUKA omniMoveはAirbus社にてA380の製造の際に限られた空間で重量部品を動かします

90トンを即座に回転

Airbus社の主力製品であるA380は、空中で難なく動いているように見えます。空にできるだけ近くなるように、地上でこの巨大な鳥を製造する際には、フレキシブルで高性能の移動型重量物用プラットフォームが使用されます。KUKA omniMoveはメカナムホイールのおかげで、ハンブルクにある生産工場の限られた空間で90トンまでの重い航空機部品をミリメートル単位の正確さで運ぶことができます。

その眺めは壮観です。Airbus社のハンブルク生産工場の従業員は、重さ90トン、長さ15メートルに及ぶA380の巨大な胴体部品を、サッカースタジアム一つに相当する大きさの建物の中で縦横無尽に動かします。しかも、まるでそれらの部品が机の上のレゴブロックであるかのように巧みに操ります。それを可能にしているのは、全方向メカナムホール付きの重量物用搬送車両であるKUKA omniMove移動型搬送プラットフォームです。

このホイール原理は制限のない操縦性を実現します。A380が製造される建物で、Airbus社は1年前から移動型搬送プラットフォーム2基を導入して、フローラインに沿って移動する胴体部品の製造サイクルを希望通りに実現しています。大きな部品の搬送のために複数のプラットフォームを連結することも可能です。 

メカナムホイールが限られた空間で最大の操縦性を実現

Airbus社の格納庫では、さまざまなワークステーションおよび巨大な胴体部品によってスペースが制限されています。即座に回転する能力が、KUKA omniMoveの最大のセールスポイントです。その無制限の動作自由度は全方向メカナムホイールによるものです。メカナムホイールはあらゆる方向に移動でき、最高90トンの最大荷重でも最高の精度で動作します。

その汎用性は非常に特殊な構造によるものです。各メカナムホイールは、それぞれ軸に対して45度の角度で配置されている複数の個別ローラーから構成されています。これにより、KUKA omniMoveは素晴らしい可動性を実現し、Airbus社に製造現場のスペースの最適かつ効率的な利用を提供しています。  

KUKA omniMoveのメカナムホイールはあらゆる方向への移動を可能にします。

簡単な取扱い、スピード、安全性、そして長い電池耐久時間

搬送プラットフォームに対する別の要求もAirbus社においてはかねてから高いものです。このKUKA omniMoveはこれらの要件を非常に良く満たし、その使用については容易に素早く習得でき、特に簡単に操縦することができます。また、電池は非常に長持ちします:このKUKA omniMoveは48時間充電なしで連続稼働します。Airbus社でKUKA omniMoveプラットフォームを操作するチームは、その取扱いの容易さ、フレキシビリティおよび装置の精度に満足しています。

飛行機製造における別の自動化のポテンシャル

「弊社は現在、ヨーロッパに11ヶ所の製造工場を持ち、サプライチェーンは世界全体にわたっています」とAirbus社ハンブルク工場長、カイ・ブリュッゲマン博士は説明しています。ハンブルクの生産工場は、エルベ川沿いのフィンケンヴェルダーの街の大きさに広がり、そこでは多岐にわたる飛行機タイプがさまざまな組立て段階とテストフェーズを通過していきます。何時であっても部品が工場に搬入され、再び搬出されています。

そのため、さまざまな組立て段階の物流と部品搬送は、生産プロセスにおいて重要な位置を占めるようになっています。それゆえ、KUKA omniMoveプラットフォームの導入は、Airbus社の生産自動化において始まりに過ぎないのです。

私は当社格納庫にさらなるKUKA製品を導入することができるよう願っています。それも、飛行機技術用の特殊な製品ではなく、KUKAの標準製品です。

Airbus社ハンブルク工場長、カイ・ブリュッゲマン博士

生産において最先端テクノロジーを実装

Airbus社の成功は、生産におけるイノベーションと最先端テクノロジーの実装に基づいています。「弊社は、特に自動車セクターなどの他の業種でも適切なソリューションを探しています。」と話すブリュッゲマン博士は、彼の会社が自動車産業からの多くのソリューションをAirbus社の生産工場に取り入れられると確信しています。「弊社はここハンブルクにフローラインを一つ持っています。これは常時稼働している生産ラインで、飛行機技術においては例のないものです。」

来年初頭には、Airbus社はもう一つの全自動生産ラインを新しい飛行機モデルのために実装する予定です。KUKAは、この将来に向けたソリューションを提供するコンソーシアムのパートナーです。「ロボット自動化プロセスを飛行機技術においても導入する時期が来ています。弊社は、いまだ存在する自動車産業とのギャップをかなりのスピードで埋めていくつもりです」とブリュッゲマン博士は展望を語っています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意