KR AGILUSはWKT Kunststofftechnik GmbH社でねじ込みボルトを接着しています

寸切りねじ、機械製造、断熱 / 絶縁:WKT Kunststofftechnik GmbH社は1994年からこれらの製品分野で活躍しています。

ゲーステ・ダルムに本社を置く従業員約70人の同社は、電気エネルギー技術をはじめ、高電圧設備や変圧器、医療技術や航空機製造、鉄道技術や制御ユニットなどの代表的な分野の製品を製造しています。これらのどの分野においても、WKT Kunststofftechnik社の仕事は、スチールをプラスチックに変えていくことです。
KUKA KR AGILUSはねじ込みボルトを製造し、その結果を管理します。

最高の精度でオートメーション化

様々なプラスチック部品の組立てや接着は、どんな製品でも最初に行われる工程です。こうした前処理のひとつに、ナット (四角 / 六角仕様)、寸切りボルト、ワッシャの 3 つの部品を結合があります。これにより、様々なサイズや長さの、多種多様な用途を持つプラスチックボルトができあがります。熱硬化樹脂は溶接が不可能であるため、部品の接着には特殊な接着剤が使用されます。最高の精度が要求される作業工程です。WKTの目標はこの作業工程の自動化と、誤差率をゼロパーセントに減少させること、そしてそれによって生産力を向上させることでした。

KUKAのロボットが作業を自律的に検査

まず最初に、四角 / 六角ナットがひとつ取り出され、保持装置の中に置かれます。続いて、取り出された寸切りねじが掴まれ、次の工程で下側の面に接着剤が付けられるように、向きを180度変えられます。その後、寸切りねじのこの面が、トルク調整されながらナットにねじ込まれます。

ナットと寸切りねじの 2つの部品から 1 つの結合した部品ができあがります。最後の工程ではワッシャが追加されます。そのためにロボットはワッシャを持ち上げ、寸切りねじを通してナットの上に滑らせます。

わずかなステップで保持装置の中にねじ込みボルトの完成品が出来上がります。カメラ技術を使用すれば、ロボットは製品を自分で管理することができます。数秒以内に精度がチェックされ、不良品と良品が区別されます。完成したねじは保持装置から取り出され、硬化装置内の最終的な位置へ移動されます。

KR AGILUSは高速、コンパクト、高精度

WKT社はKUKAの小型ロボットKR 6 R900 sixxの導入を決めました。高い繰り返し精度と正確さがKR AGILUS製品ファミリーの特長です。可搬重量6キログラム、リーチ約900 mmのこの小型ロボットは、最高レベルの製造品質を実現します。それも極めて短時間に。

そのスピードと高い精度により、KR AGILUSはワッシャなどの極小部品を高速かつ正確に部品上に配置することができます。さらに、このロボットとKR C4コントローラから成るコンパクトなシステムは、非常に小さい空間での使用が可能です。 
このロボットとコントローラから成るコンパクトなシステムは、非常に小さい空間での使用が可能です。

品質保証を伴う信頼性の高いシステム

WKT社では2014年3月に運転開始し、量産がスタートしました。それ以来、WKT 社は個別使用が可能で、操作の簡単な信頼性の高いシステムを所有しています。また、製品を管理し、100パーセントの品質を保証するカメラ技術も採用しています。それは手作業によるソリューションでは得られない成功率です。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意