自動化され、高精度かつ高速:KUKAロボットによるピックアンドプレース

Possehl Electronics社では25台のKUKAロボットが3台の射出成形機のそばで作業を行います。それにより、自動車の電動ステアリング用コントロールハウジングの製造をサポートしています。

マイクロエレクトロニクス:ロボットベースの自動化による最高の精度

25台のKUKAロボットが完璧に相互調整されて、3つの生産ラインで作業する様子を動画でご覧ください。

ニーフェルンにあるPossehl Electronics社の工場では、総計25台のKUKAロボットが、非常に短いサイクルタイムで打ち抜き部品を0.1ミリメートルの正確さで射出成形機に入れます。このロボットベースの自動化は、Possehl社が長年のKUKAのシステムパートナーであるFPTグループと共同開発したものです。

3つの生産ラインで25台のKUKAロボットが確実で精確な作業を行います。生産プロセスは3つの全ラインで類似しています。「リードフレームを装備した複数のトレイが、コンベヤに積み重ねられた状態で1つのロボットセルに運ばれます。」と、Possehl社で打ち抜き・噴射・自動化技術のインダストリアルエンジニアリング部門を担当しているRobert Tesch氏は話します。

複数のロボットによるハンドリングタスク

次に、タイプKR 5 arcの1台のKUKAロボットが一番上のトレイを取り出して、保管場所に置きます。その後、タイプKR 6 R900 sixxの1台のKUKA処理ロボットがリードフレームを、4つの打ち抜き工具を備えたロータリーテーブル上の打ち抜き型に入れます。そこでリードフレームから車両プラグピンが外されます。KR AGILUSシリーズの4台のKUKA小型ロボットが、それぞれ6個の車両プラグ5個のセンサーピン2個のバッテリープラグピンを打ち抜き工具から取り出して、それらを引渡し用スライドに入れます。射出成形機の装備は、平均的な可搬重量を持つKUKAロボットによって行われます。ロボットは特殊なグリッパーを使って、処理済みのブランクを引渡し用スライドから4回取り出して、それらを工具に入れます。そこで技術的なプラスチック部品が作られます。1台のKUKA小型ロボットが、引渡し用ステーションにある完成したコントロールハウジングを取りに移動します。

プラントの中心では、3台のKR AGILUSが部品を射出成形機に正確に入れます。

このソリューションは生産性の向上に大きく貢献しました。この素晴らしい経験を基に、当社はこの先もKUKAの6軸ロボットをを使用し、現在使用しているものを今後の世代でも再び使用していくでしょう

Robert Tesch、Possehl Electronics社の打ち抜き・噴射・自動化技術のインダストリアルエンジニアリング部門長

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意