Škoda-fabriek wint een award met mens-robot-samenwerking

Škodaの工場がヒューマンロボットインタラクションで賞を獲得

MATADORグループとKUKAはチェコ共和国ヴルフラビーにŠkoda Autoとパートナーシップを結んで、ハードウェア、ソフトウェア、人をひとつにするインダストリー4.0の合弁事業に着手しました。 21世紀の産業界を変革するコンセプトである協調ロボティクスも決定的な要素です。

人間とLBR iiwaとのインタラクションは、変速機の精密加工に完全に適合したものとなっています。

ヨーロッパの伝統ある自動車メーカーであるŠkodaは1991年にVolkswagenグループの子会社となりました。2011年、VolkswagenはŠkodaヴルフラビー工場の従業員1000名を7段デュアルクラッチデイレクとシフト変速機システムDQ200製造専用の現場に配置転換することを決定しました。

ヴルフラビー工場のジェネラルマネージャーであるIvan Slimákは、「この種類の変速機には高度な精密さが要求されます」といいます。「たとえば、公差が極めて少ない可動部品が多数あります。」

このような精密加工は、KUKA LBR iiwaが最も得意とするものです。センシティブロボットは、7軸センサの各入力を駆使してギアアクチュエーターのピストンを正確に、そして丁寧に挿入します。

ヒューマンロボットインタラクション

MATADOR グループのロボティクス、PLCプログラミング部長であるStanislav Korecは、「最も大きな課題はJavaプログラミンを習得し、センシティブロボットのプログラム方法の考え方を一新することだと思います。」といいます。

KUKA Sunriseコントロールシステムはセンサーシステムと動作を組み合わせ、Javaプログラミング言語はこれらのタスクに不可欠です。これにより、オートメーションの選択肢に制限はほぼなくなります。

そこで、KUKA LBR iiwa他にはない感知能力が活かされます。単に部品を決められた場所に押し込むのとは異なり、部品の挿入箇所を「感じ取り」、正確に挿入します。これは、組立中に破損が発生しやすいデリケートな部品の取り扱いに不可欠です。また、KUKA LBR iiwaの周囲から 安全柵を取り除くことで、生産ラインを変更することなく、より限られたスペースでプロセスのオートメーションが可能となります。

Škodaヴルフラビー工場の受賞は、ヒューマンロボットインタラクションを含む先進的な変革を反映したものといえます。コンサルティング企業A.T. Kearneyと業界紙Produktionは、昨年Škodaヴルフラビー工場を「操業におけるグローバルエクセレンス」と称え、 2015 Factory of the Year(2015年の最も優秀な工場)を授けました。

生産のデジタル化は、ヴルフラビー工場がさらにデータ駆動型の工場に進化することを意味します。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意