鉄鋼生産における大型部品のロボットベースでの取り扱い

KR 1000 titan型の6体のKUKAロボットにより、Mannstaedt社の生産に新しい柔軟性がもたらされます。さらに輸送するために、重い鋼梁をスタッキングします。

顧客の要求に応じた自動スタッキング

Mannstaedt社は、熱間圧延した特殊鋼プロファイルの製造に重点を置いています。特殊鋼プロファイルは、自動車、フォークリフト、港湾産業などの様々な産業における完成品の製造に使用される、個別成型の鋼棒です。Mannstaedtのプロファイルは個別の構造です。顧客の希望に応じて製造しています。

生産プロセスの最終段階では、オートメーションソリューションを探していました。この間に、1000 titan型のKUKA ロボット6体は、以前の16mではなく、最大26mの長さの特殊鋼プロファイルの自動スタッキングを引き継ぎます。

最大2.5トンまでの非常に重い鋼梁の精密取り扱い

KUKAの大型ロボットは、非常に重負荷および長距離性能により、高い再現性を実現します。

倍速:KUKA大型ロボットは、鉄鋼生産における特殊プロファイルを積み重ねます

最大26mの特殊なプロファイルの長さのために、ロボットは約2.5トンの負荷を輸送できる必要があります。これまでの間で世界的に見てもユニークなプロセス.オートメーション化されたシステムでは、合計6台のロボットが互いに隣接して配置されています。最初のステップでは、コンベアによってロボットの作業領域に特殊なプロファイルが配信される予定です。ロボットは、磁気グリッパを使用して棒をピックアップし、スペースを節約するためにスタッキング装置上にスタックします。ロッドの長さに応じて、対応する数のロボットが積み重ねを引き継ぎます。このように、スタッキングは3台のロボットを組み合わせて行うこともでき、結果的に倍速での実行が可能となります。所定量のロッドを保管した後、スタックは、次のコンベヤベルトの取り外しに向けて継続する。
ロボットベースの取り扱い: KR 1000 titan型の6体のKUKAロボットは、互いにスペースを節約するために特殊形状を積み重ねます。
ロボットの要件は明確に定義されています。高いペイロード長距離 難しい外的条件に対する抵抗KUKA KR 1000高大型ロボットは、これらすべての要件を満たしています。1000 kgの負荷容量3.2m超のリーチにより、実に力強いパッケージとなっています。これは、エンジンブロック、鋼梁または船舶部品の取り扱いのために明示的に設計されています。6.5mまでの距離を素早く正確にブリッジできます。

この変換について、当社は柔軟性の点で大きな利点を約束してきました。より長い特殊鋼プロファイルにより、当社は特殊鋼製品の市場で良い位置につくことができます。

マーカス・ハース Mannstaedt社 油圧、クレーン、エネルギー、インフラ部門マネジャー

KUKA 大型 ロボットにより柔軟性が向上 

Mannstaedt社は生産内の柔軟性の切り替えにより大きく成長を遂げ、同時に独自の製品ポートフォリオを拡大しました。この成功により、後続の製造工程でさらなるオートメーション化プロジェクトに取り組むことになりました。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意