KUKAフライスロボットはバーベルスベルク・スタジオで彫刻を制作しています

KR QUANTEC ultraファミリーのKUKAフライスロボットは、Art Department Studio Babelsberg GmbHで、硬質フォーム製の彫刻を制作しています。そこではロボットが、自動的にすべての作業ステップを自律的に実行する、個別に設定可能な工作機械として使用されています。さらに、CNCフライス加工により、正確な3次元加工が保証されます。

工作機械としての高負荷CNCロボット

バーベルスベルク・スタジオは、世界で最も古い大規模な映画スタジオとみなされています。精巧な装飾、背景および小道具の制作は、子会社のArt Department Studio Babelsberg GmbHが担当しています。同社は、ロボットを工作機械として使用する柔軟なターンキーソリューションとして、硬質フォーム製彫刻の生産の自動化を計画しました。そのために、SEMATEK GmbH社とDatentechnik Reitz GmbH & Co. KGに委託を行いました。CNCロボットは2016年4月に作業を開始し、費用対効果と柔軟性の面で期待を十分に満たしました。 
KR QUANTEC ultra:高い剛性により正確な経路精度が可能です。
Art Department Studio BabelsbergのKUKAフライスロボットを使用しています。

CNCフライス加工には多くのメリットがあります

各小道具は、最初に個々のプログラムでコンピュータ上で個別にモデル化されます。Datentechnik ReitzのSPRUTCAMソフトウェアは、次の手順でフライスロボットのモデリングの伝達を行います。メリット:CAD/CAMシステムで書かれたプログラムは、システムソフトウェアKUKA.CNC を使用して変換することなく、KUKAコントローラ KR C4に直接読み込むことができます。

KR QUANTEC ultra:CNCフライス加工により正確なパス精度が実現します

生産は、KR QUANTEC ultra製品ファミリーKR 210 R3100タイプのKUKAフライスロボットが行います。KR QUANTECシリーズの中でも最も強力で剛性が高く精密なロボットです。高精度のフライス加工だけでなく、3m超の広い範囲もこのモデルの特徴です。これは、削られた彫刻のもとである硬質フォームのサイズが3x3mであるため必要です。
アーティストの場合のみ:バーベルスベルク・スタジオでの加工の際のフライスロボット KR QUANTEC ultra。

ワークプロセスの高度な自動化

さらに、KR QUANTEC ultraは、様々なツールを独立して切り替えることもできます。高周波スピンドル、ツールステーション、ターンテーブルな多くのコンポーネントがあります。ツール中心点 (TCP) 測定により、フライスロボットはCNCフライス加工中のツールの位置、例えばツールが部品に接触するフライスヘッドを検出します。位置の決定は、コンピュータモデルの正確な実装にとって不可欠です。 

フライスロボットの高い精度により、デジタル設計を正確かつ迅速に行えます。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意