Metaalbewerking

KUKAロボットが板金の加工を自動化します

KR QUANTEC ultraファミリーのKUKAロボットによって、南ドイツのキッチンマシンメーカーでロボットベースの板金のハンドリングとバリ取りが可能になります。ロボットは自主的に板金をつかみ取り、バリ取りのために研磨機へ運びます。

金属産業における自動化

金属産業における自動化の可能性はまだ十分にあります。企業にとっての大きな課題は、インターフェース問題とロボットプログラミングの知識が欠けていることです。KUKAと共にKirchner Konstruktionen GmbH は、 全自動ロボットアプリケーションを開発し、ロボットベースの板金のハンドリングとバリ取りを可能にしました。また、KUKA ロボットは、30種類の板金を処理することができます。 

6つの工程段階で自動バリ取り

ロボットはまず トータル6つの作業工程のためにプログラミングされます。次にロボットは、運ばれてきた部品を検査してから、それらをつかみ取ってベルトコンベヤーに乗せます。ベルトコンベヤーは板金をバリ取り用の工作機械へ運びます。バリ取り工程の後に KR QUANTEC ultra が部品をコンベヤーから自主的に取り、所定の場所に置きます。高い有効荷重等級のロボット板金の自動処理を実行できるようになるには、別のKUKA コンポーネントによるサポートが必要になります。
Metaalbewerking
KUKAロボットがバリ取り工程を自動化します。

KUKAのアプリケーションソフトウェア:ロボットベースの板金処理をワンストップで

ビジュアル化ソフトウエア「KUKA.HMI zenon」によって、工員が板金部品の種類をコントローラに簡単に入力できるようにサポートします。「KUKA.VisionTech」は物体認知のためのソフトウエアで、部品が正しい位置に運ばれたかどうかを確認します。また、このソフトウエアは、バリ取り済みの部品が再び受取可能となるタイミングを認識します。技術パッケージ「KUKA.ConveyorTech」が、ベルトコンベヤーへスムーズに部品を載せられることを担保します。安全対策はソフトウエア「KUKA.SafeOperation」が担います。このプログラムで簡単に作業範囲及び保護範囲を指定することができます。これにより、人とロボット間の安全かつ効率的な協働が可能になります。 
Metaalbewerking
KUKA.VisionTechが板金の加工を自動化します

当社の顧客はロボットベースのアプリケーションのおかげでプロセスを最適化し、多様な部品を処理し、最終的に製品の品質を一層向上させることができます。

Kirchner Konstruktionen GmbHのプロジェクト責任者、ダーヴィト・ヘス

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意