軽量構造ロボットが接着プロセスで作業員をサポートします

Dürr社は最終組立てでKUKAの高感度のLBR iiwaを2台採用しています。これらは保護フェンスなしで、接着ビードを塗布する際に重要なタスクを請け負っています。それによって品質が向上し、時間が節約され、生産単価が抑えられます。

Dürr社の最終組立てでは、隔離する保護設備なしで人とロボットが共同作業を行っています。車体へのフィンの接着にもタンクの貼付にも、KUKAの高感度軽量構造ロボットLBR iiwaが使用されています。これらのソリューションが接着結果の品質を高め時間を節約し生産単価を抑えます

フィンをはめ込むときにLBR iiwaがあらゆる障害を検知

フィンの接着時には、作業員はワークを手作業でロボットのグリッパーに入れます。グリッパーがそれを吸着し、アプリケーションタワーの接着ノズルまで運びます。LBR iiwaはフィンを下からゆっくりと接着ノズルまで運びます。その際に障害物にぶつかる場合は、衝突検知能力があるため、少し戻って、前方から移動を開始します。3回試行した後は、初期位置に戻ります。戻らない場合は接着プロセスが始まり、ロボットが経路を移動する間に、接着ビードが丁寧に塗布されます。最後に、作業員が初めの位置でフィンを取り出し、車両に取り付けます。    
LBR iiwaのグリッパーはワークを吸着し、それをアプリケーションタワーの接着ノズルまで運びます。
最終組立てにおける接着の際に、2台のKUKA LBR iiwaが精確で信頼できるやり方で作業員をサポートする様子を動画でご覧いただけます。

LBR iiwaの7本目の軸による精確な接着シーム

最終組立てにおける自動化されたタンク貼付のために、専門作業員はマニピュレーターを使用してタンクを回転テーブルに移動させます。そこでタンクを清掃して、正しい位置に配置し、次の加工のためにタンクをロボットに引き渡します。固定式タンクの始点に達すると、圧力のかかったノズルが開きます。そのため、気泡が発生しません。その後、ロボットは高い均一性で接着シームをタンクに付けます。アプリケーションヘッドのセンサーがぴったり合うシームの高さを監視します。LBR iiwa7本目の一緒に回転する軸により、方向修正することなく360度の半径内で接着します。つまり、取り外す必要がありません。LBR iiwaが作業を終了すると、専門作業員はタンクを車体の所定の位置にはめ込みます。


確かに接着ビードは手作業での塗布によって作れますが、その結果はロボットの精確さには及びません。

Dieter Ahlborn,、Dürr Systems AGのAPT/Gluing Final Assemblyのディレクター

将来的な市場としてのHRCソリューション

Dürr社は接着の領域ですでに10の設備を販売しました。そのため、この設備と機械のメーカーは将来に対して楽観的な見方をしています。すでに小型ディスクや他のコンポーネントのロボットベースの接着に向けてHRCソリューションに取り組んでいます。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意