ホーニング盤のためのクラッチディスクの正確な分類

KR AGILUSシリーズのKUKA小型ロボットは、3Dビジョンセンサーの座標伝達に基づいてワイヤーバスケットから未分類のクラッチディスクを正確に取り出し、次の加工のためにホーニング盤に引き渡します。

特に高い作業速度を達成できるように設計されたこの小型ロボットの最大可搬重量は6 kgで、リーチは約901 mmです。このロボットは3シフト稼働で使用され、1シフトを無人で通すことができます。このソリューションは、クラッチディスクが均等かつ正確に置かれるようにします。それを可能にしているのが3Dビジョンセンサーであり、このセンサーはクラッチディスクの正確な位置を検出し、座標を直接ロボットに伝達します。その後、KR AGILUSがワイヤーバスケットから部品を掴んで、次の加工のために正確にホーニング盤に入れます
KR AGILUSシリーズのKUKA小型ロボットは、ワイヤーバスケットから未整理のクラッチディスクを掴みます。

KUKA小型ロボットは柔軟性を保証

HBi Roboticsはこのソリューションを、他の場所でもそれが使用できるように考案しました。製品が出てくるときに、システムをそれに応じて簡単にプログラミング変更することができます。他の工作機械での使用も考えられます。3D位置検出による動作プロセスの正確な監視によって、前もって干渉する形状が検知されます。さらに、複雑なオートメーションシステムのサイクルタイムを正確に特定することができるということを、HBi Robotics GmbHの創業者であり社長のHarald Baderは話しています。これらの特性は自動車産業のお客様にもご納得いただけたため、他のオートメーション化ソリューションがすでに計画されています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意