KUKA、自動車サプライヤー・Proseatのレーザーシステムを自動化

ProseatはKUKAのオートメーションソリューションを利用してBMWの座席要素を生産しています。アウグスブルクの企業のレーザーシステムにより、複雑な3D形状にもかかわらずクリーンカットが可能です。これにより、最初に計画した打ち抜きのための高品質のソリューションを提供します。

開始状況

Proseatは、自動車業界向けの発泡成形製品の大手メーカーのひとつです。BMWの後部座席側壁部の生産で、カバーを打ち抜くために提案されたソリューションは、望ましい結果を生み出しませんでした。そのため、代替策を見つける必要がありました。ここで、KUKAのノウハウがベースとされました。 

課題

これまで、Proseatは発泡体と発泡成形部品の製造に注力してきました。そして初めて、完全な着座要素が製造されることになりました。布は、通常の打ち抜き加工で縫うようにしました。KUKAは専門知識と経験をもとに同社をサポートしました。プロセステストを通じて、理想的なソリューションを見つけることができました:コーティングは、レーザーで切り取り、正しい形状となります。
ProseatのCO2レーザーシステム全2点のうち1つ:これにより、座席の内部装飾のきれいなカットが可能:

ソリューション

ポーランドの工場では、オートメーションを専門としているKUKAが2つの自動レーザーシステムを使用しています。そのプロセスは、機械による切断とは対照的です: 

  • 高精度、 

  • 摩耗なし、 

  • 清潔 

    金属加工では、これらの利点のために、プロセスとしてレーザー切断が確立されています。しかし、非金属成分については、まだ確立されていません。KUKAがレーザーを使用しない理由はありません。KUKAは既にこのテーマについて集中的に取り組んでおり、様々な素材を試しています。

 

オーベルンブルクでは、20年近くにわたりソリューションが開発されており、様々な材料を効率的に処理できます。1998年、当社はVW向けに初のレーザーオートメーションセルを実現しました。今日、300以上のシステムを様々な顧客が利用可能です。Proseatは、アウクスブルクに本拠を置く当社の経験とプロセスのノウハウから利益を得ました:50秒間隔で、左右の側壁部のコーティングは、レーザー昇華切断によって行われます。システムの中心はCO2レーザーロボットです。統合されたビームガイダンスにより、ロボットはより柔軟でダイナミックになり、困難なインターフェースを実現します。ターンテーブルと真空吸引装置を備えたシステム機器も、このプロセスに正確に適合しました。ロボットコントローラKRC 4 ROBOTstar がオートメーションパッケージを完成させます:これにより、システムの制御と概要が簡単になります。もともとの計画だった打ち抜き加工とは対照的に、レーザーカットは多くの利点をもたらします:

  • プログラミングの労力がわずか:ボディの変化を持続させることができます。
  • コンポーネントに力が作用しないため、ツールに摩耗が生じません
  • エネルギーとコストの節約:KUKA CO2レーザーロボットのエネルギー入力をそれぞれの機械加工プロセスに正確に合わせることができます。
 
KUKA CO2レーザーロボットタイプのRV6/16L-CO2は、ビームガイドを統合して正確かつきれいにカットできます。

材料の特性がまったく異なるため、ここでは特別な専門知識が必要です。

KUKA Industries セールスマネージャー、ラルフ・ライマン

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意