「トニー、シェイクして!」ドリンクをつくるKUKAロボット

イタリアMakr Shakr社製全自動バーシステム「トニー」では、KUKAのKR AGILUSが正確に、素早く、確かな技術で『ドルチェ・ヴィータ』を提供。アプリを使いドリンクを注文すると、ロボットバーテンダーがすぐにドリンクを用意します。

ミラノの高級ホテルでドリンクをつくるカクテルロボット

ミラノのタウンハウス・ドゥオーモ・ホテルのルーフトップバーでは、有名な大聖堂を眺めながらクリエイティブなドリンクを味わうことができます。バーの目玉はドリンクをつくるバーテンダーロボット。この全自動バーシステム「トニー」は、トリノに本社を置くMakr Shakr社により開発されたものです。開発の原点は、デジタル化と自動化の可能性を分かりやすく紹介するというアイデア。「カクテルやデザインへの情熱と、最新技術とを融合させたかったのです。」と、Makr Shakr社最高技術責任者アレッサンドロ・インチーサは説明します。

トレンドシティ、ミラノ:バーテンダーロボットは世界的に有名な大聖堂の近くにあります。

フル装備の全自動バーシステム

「トニー」は、IoTをベースにした最先端のコンポーネントと自動化コンポーネントを組み合わせた、完全自動ロボットバーテンダーです。KUKAのKR AGILUSシリーズロボット、KR 10 R1100とKR 6 R900-2の2台がカウンター上に取り付けられています。一方のロボットがドリンクカクテルをつくり、もう一方がドリンクをそそぐ際にサポートします。ロボットの上には、ボトル約150本分のホルダーが取り付けられています。後壁にはアイススペンダー、ビール、ワイン、ソーダ用コックがあります。また、ドリンク提供後にロボットがシェイカーを洗浄するシンクも設置されています。

150本以上のボトルから材料を選択

簡単、シンプル
バーテンダーロボットへの注文はアプリで

全自動バーシステムはKUKA KR C4コントロールシステムおよびPLC(プログラマブルロジックコントローラ)で制御されています。注文方法はとても簡単。アプリからドリンクを選ぶだけで情報がロボットに送信されます。ドリンクの準備ができると、通知でお知らせます。また、アプリを使ってオリジナルドリンクの注文も可能です。「ゲストにはシンプルにロボットと遊んでもらっています」と、アレッサンドロ・インチーサ氏。

アプリでオーダー
Makr Shakr社の全自動バーシステムでKUKAロボットがドリンクを提供

様々なテクノロジーを結びつける全自動バーシステム

Makr Shakr社は全自動バーシステム用のロボットコントローラと専用アプリを開発し、Googleが管理するプラットフォーム「Kubernetes」への接続も実現しました。課題となったのはその動きですが、このロボットはフルスピードでもドリンクをこぼすことはありません。KUKAロボットの導入には、スピーディさ、直観的な操作と確かな技術が決め手となりました。また美的センスも理由の1つでした。「KUKAは、当社を自動化の世界に導いてくれたメインパートナーでした」とアレッサンドロ・インチーサ氏は言います。

素早く、確かな技術で、正確に。バーテンダーロボットは、奇抜なアイキャッチャーです。

Makr Shakr社は「トニー」を通じて人とロボットの相互作用の境界を広げている。それでもアレッサンドロ・インチーサ氏はこう断言します。「ロボットが人間のバーテンダーに取って代わることが目標ではありません。ゲストに非日常のテクノロジーを体験してもらうことが目的なのです。」


Makr Shakr社は、2台のKUKAロボットをバーテンダーとして導入

バーテンダーロボット「トニー」で注文することで、ソーシャルな交流の機会にもなります。アプリによりレシピや写真を共有したり、SNSに投稿することもできます。

Makr Shakr社のチーフテクノロジーオフィサー(最高技術責任者)、アレッサンドロ・インチーサ

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定