自分の現在地を選択してください:

KR AGILUS 食品加工のオートメーション化

オランダのファミリーブランドVepo Cheeseは、食品加工のオートメーション化に取り組んでいます。KUKAの2台の衛生管理ロボットKR AGILUSがチーズをスティック状に加工し、包装機へ送ります。これらのプロセスにより、衛生水準が向上し、生産能力も倍増しました。


オランダの会社において100年続くチーズの伝統

チーズ好きの間では、オランダはチーズの本場と言われています。輸出の数字を見ても、オランダは世界のトップレベルであることがわかります。OECの世界統計によると、38億ユーロで、ドイツ (45億ユーロ) に次ぐ第2位です。チーズとオランダの関係は、50年以上にわたってアンチェ夫人が守ってきたものです。南ホラント州ボデグラーフェンにある家族経営のVepo Cheeseは、「典型的なオランダ」には革新および成長もあることを見事に証明しています。

最高水準の衛生管理:KR AGILUS HM チーズの裁断およびパック詰め

この革新的な裁断機によって、Vepo Cheeseは業務のオートメーション化を実現しました。

コンセプト:食品産業向け裁断機

例えば、食品の裁断およびパック詰めに関して:「チーズについて語るとき、私たちが何を愛し、何が私たちを駆り立てるのかが重要なのです」と、Vepo CheeseのCEO、マーク・フェルクライは食品業界へのアプローチについて語ります。「当社は代々、(セミ) ハードチーズの裁断、おろし、ポーション、パック詰めの改良に取り組んでいます。そこで思いついたのが、スティックチーズ生産ラインのオートメーション化です。

Vepo Cheeseのテクニカルオペレーションマネージャーであるヒューゴ・ヴァン・プット (左) およびGrobaのマネージングディレクターであるロビン・デ・グルートは、食品業界のプロセスを熟知しています。

知能ロボティクス:1時間当たりチーズスティック10,000本

100年以上の家族的伝統を持つVepo Cheeseは、ヨーロッパ市場に照準を合わせてきました。他の企業同様、オランダでも食品加工における衛生面へのさらなる配慮が必要になりました。「チーズに直接触れるのは、必要な人数のみにする必要がありました」と、Vepo Cheeseのテクニカルオペレーションマネージャーであるヒューゴ・ヴァン・プットは振り返ります。「同時に、スティックチーズを裁断する生産能力を、1時間当たり5,000本から10,000本へと倍増させたいと考えていました。そのために、強力なオートメーション化パートナーを探していました」。システムインテグレーターのGrobaおよびKUKAにそれを見出したのです。ソリューション:今日では、LAMBDA 405に2台の KR AGILUS HM (Hygienic Machine) により、完全オートメーション化を実現しました。

食品産業におけるオートメーション化により、食品の取り扱いをより衛生的に。

独自のオートメーション化技術で操作

LAMBDA 405は、スティックなどの個包装チーズスナック用の裁断機です。「Grobaと共に、ロボットユニットを当社のニーズと包装機に適合させました」とヒューゴ・ヴァン・プットは言います。そして、Grobaのマネージングディレクターであるロビン・デ・グルートはこう付け加えます。「このような形に作られた機械は今までありませんでした」

Vepo Cheeseでは、食品の裁断やパック詰めなどの加工がオートメーション化されています。ここではKUKAのロボットがサポートしています。

機械および操作に関する特別な要件

システムは次のような仕組みになっています:オペレーターは、チーズの種類に応じて、あらかじめ設定された2つのプログラムからどちらかを選択するだけです。その後、チーズはベルトコンベアで機械に運ばれます。チーズの長さは、カッターとグリッパーの間隔で測定され、そこからスライスチーズの枚数が算出されます。LAMBDA 405は、定義された厚さでスライスを裁断することができ、それによりスティックの高さおよびポーションの重量に影響を与えます。特別なポイント:チェック計量器は、スティック1本あたりの重量偏差を最小にとどめるようにします。これは、必要に応じて裁断機に厚く切ったり薄く切ったりする信号を与えるためです。

信頼性がありフレキシブル:従業員は、工業的にチーズを裁断することができる食品裁断機を操作します。

食品位置検出のオートメーション化

これらはベルトコンベア上に落下し、チーズ交換時の緩衝材にもなります。ベルトコンベアの上からカメラがスライスチーズの位置をスキャンし、1台目のKR AGILUS HMに情報を伝達します。これにより、スライスの掴み方、裁断プレートへの乗せ方を正確に把握することができます。「その点が難しかったです」とロビン・デ・グルートは言います。「これは、ロボットがスライスを正確に掴み、ナイフの下の真ん中に配置することで、裁断時に両側の長さが同じになり、裁断くずが出ないようにするためです。最初は、カメラのデータをロボットに転送することに苦労しました。しかし、KUKAのインターフェースサポートのおかげで、うまくいきました」

個々の機器は、オートメーション化されたシステムにおけるタスクを把握しています。

ロボット以外は誰もチーズに触れません。これにより、衛生面が向上し、裁断ロスを大幅に削減できただけでなく、生産能力も2倍になりました。

Vepo Cheese テクニカルオペレーションマネージャー、ヒューゴ・ヴァン・プット

革新的でインテリジェントな食品加工

また、カメラは一定の最小寸法に満たないスライスも検出します。これらをユーロビンに排出し、後で粉チーズにします。2台目のKR AGILUS HMは、完成したスティックチーズを真空拡張装置でピックアップし、包装機のカセットに入れます。「従来は多くの工程を手作業で行っていましたが、新しいラインは完全にオートメーション化されています」とヒューゴ・ヴァン・プットはシステムについて語ります。「ロボット以外は誰もチーズに触れません。これにより、衛生面が向上し、裁断ロスを大幅に削減できただけでなく、生産能力も2倍になりました」

機械は最高の衛生基準で食品を把持します。

食品に触れる際の高い衛生度

食品加工における衛生面の要求は高く、Vepo Cheeseの生産ラインには特別なロボットが必要でした。KR AGILUSの「Hygienic Machine」バージョンは、この課題に対応し、各企業の国内外の食品衛生規制の遵守をサポートします。耐腐食性の表面、食品機械用潤滑剤およびステンレス鋼製部品を採用することにより、最高レベルの衛生基準を保証します。洗浄に対して敏感である電気関連のインターフェースは、メインの接触エリアではなく、ロボットの下にあります。

食品衛生は、生産と包装において特に重要な役割を担っています。

コンパクトなKR AGILUS HMは当社の第一候補でした。なぜなら、最高の作業速度に対応するように設計されているからです。これにより、Vepo Cheeseの目標である「スティック数を1時間当たり10,000本に倍増する」を達成することができました。

Groba マネージングディレクター、ロビン・デ・グルート

食品製造および包装業界のための強力なソフトウェア

シミュレーションソフト「KUKA.Sim」は、Grobaの統合の際に役立ちました。このソフトウェアにより、ロボットのアプリケーションの詳細を試運転前にシミュレーションしてから、実際のコントローラーに100%移行することができます。「当社はKUKA.Simを使用して、KR AGILUSの動作を確認することで潜在的な問題を特定することができました」とロビン・デ・グルートは言い、「プラントの高速化などに関してもそうです」。もう一つの利点:バーチャルリアリティゴーグルを使って、設置前でもお客様自身がシステムを見ることができます。

KUKA.Simを利用することで、Vepo CheeseとGrobaは設置前でも機能テストを行うことができました。

当社は、チーズスティックの解決策に非常に満足しています。GrobaとKUKAと共に、手動による生産よりも高い生産能力、より高い安全性および品質を実現するラインを構築しました。

Vepo Cheese テクニカルオペレーションマネージャー、ヒューゴ・ヴァン・プット

最寄りのKUKAシステムパートナーを探す

ここで、お客様の業界や課題に応じた最適なパートナーを見つけてください。

当社はCookieを使用しています

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定