Heidenreich & Harbeck社ではKUKAロボットが輪郭認識機能を使って不定形の鋳ばりを取ります

1927年から、メルンに拠点を置くHeidenreich & Harbeck社で複雑な鋳物が製造されています。この会社は少量および大量生産の価値の高いコンポーネントを「鋳物からのクオリティ」というモットーに基づいて開発、鋳造、加工しています

Heidenreich & Harbeck社では、顧客はユニット重量16トンまでの即組み込み可能な鋳物コンポーネントを一社から調達できます。

不定形の鋳ばりの仕上げ

Boll Automation社はこの伝統ある会社のために、鋳ばりの不定成形にもかかわらずロボットベースの全自動仕上げプロセスを可能にするオートメーション化ソリューションを開発しました。

KUKAロボットのための先行検査技術

これまでは、この鋳ばりの不定成形がHeidenreich & Harbeck社において、仕上げ作業のロボットベースのオートメーション化を難しく、また一部不可能なものにしていました。今回実現したソリューションで、この課題をうまく克服することができました。Heidenreich & Harbeck社のシェルフにマウントされたKUKA Foundryロボットは、鋳はだ掃除や鋳ばりの研磨のための複数の加工ユニットが装備されています。

ばりを正確に認識すると、ロボットは精確な仕上げ作業を高い再現性で開始します。Boll Automation社のロボット工学のスペシャリストは、この鋳物の不定形という障害を先行検査技術のおかげでうまく取り除くことができ、的確な仕上げ作業を可能にしました。

KR QUANTECロボットは、鋳物をばりの輪郭に合わせたさまざまなツールキットで処理します。

厳しい条件向けのファウンドリーロボット

採用されたロボットKUKA KR 120 R2900 F extraは、加工ツールを受け入れるための交換システムを装備しているばかりでなく、さまざまなばりの輪郭の正確な位置を認識するセンサーシステムも備えています。この6軸型ロボットはKUKA KR QUANTECシリーズのモデルの一つで、ファウンドリー仕様として導入されています。KUKA KR QUANTECロボットは特にコンパクトで、省スペースのセルコンセプトを可能にします。

さらに、このシリーズのロボットには29の基礎タイプがあり、可搬重量90~300 kg、リーチ2,500~3,900 mmという幅広い領域と、最長20,000時間の稼働時間という長いメンテナンス間隔が特徴です。すべてのモデルに、ベース固定のためのほぼ同一のドリル穴パターンのあるコンパクトなベースフレームが採用されています。ファウンドリー仕様には、鋳造所用に特別に開発された利点がさらにいくつかあります。

特殊塗装の採用により、熱、腐食、アルカリ、酸に耐性のある表面が、モーターおよびギアボックスフランジの特殊シールと同じようにロボットを保護します。耐熱性の特殊鋼で製造されたグリッパーツールを保持するファウンドリーハンドは、アルミニウムホワイトの特殊塗装が施されており、この特に危険な分野においてさらに高い耐熱性を実現しています。非常に厳しい環境での使用のために重要であるのは、ロボット内の電子機器が長期にわたって埃や汚れから確実に保護されていることです。ハウジング内の空気の超過圧力は特にその有効性を実証しました。

より人間に合った作業場デザインと最高の品質

可搬重量750 kgのロボットと3軸位置決めユニットの組み合わせにより、設備は最大限のフレキシビリティを達成します。それは、さまざまな鋳物を全方向からばり取りすることができるからです。こうして非常に狭い空間での仕上げ作業のタクトタイムが大幅に向上します。この新しいオートメーション化ソリューションのさらなるメリットは、個別のロボットによる仕上げ作業がそれぞれのワークに対して最適化されるということです。
ロボットと位置決めユニットの組み合わせは、全方向からの部品の加工を可能にします。
これにより品質を改善して、一定の高さに保ち、ツールを傷めないようにすることができます。また、多種多様なばり特徴であっても高い再現性が確保されています。特に、Heidenreich & Harbeck社は新しいオートメーション化ソリューションによって、作業場をより人間に合うようにデザインすることができました。
特殊塗装の採用により、ファウンドリー仕様は過酷な鋳造環境でも使用可能です。  

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意