ボンディングとシーリング

ボンディングとシーリングは、自動車産業でよく使用される密接に関連する接合プロセスです。

技術

多くの製品は複数の部品または異なる材料で構成されており、接着剤は個々のパーツ間に安定した接合部を作ります。ボンディングは、自動車産業では、例えば窓ガラスを取り付けるために用いられます。

シーリングは、防水性や気密性を保持します。この技術は接合にも分類され、他の奥のタスクでフレーム構造をシールするためにも使用されます。

自動化

個々のプロセスステーションにも、全自動システムにも、KUKAはニーズに応じたボンディング、シーリングのプロセスを提供します。

  • ノズル洗浄おび硬化用治具
  • プライマー塗布用部品
  • ポジショナー用装置
  • 計測システム
  • ソフトウェアパッケージ

メリット

全自動ボンディングの主なメリットは以下の通りです。
  • 大量生産分野を中心としたコスト効率の高い製造
  • 異種材料同士の接合が容易
  • 低熱接合工程により部品の変形がない
  • 気体および液体に対する有用な接着性(絶縁、紡織、密封など)

シーリングにより、ダスト、ガス、液体、熱、冷気の空洞や空間への侵入を防ぐため、例えば自動車の内装における機能性や快適性が向上します。

KUKAが、最適なオプションを提案いたします。

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定