自分の現在地を選択してください:

ナイフの正しい研ぎ方:ロボットによる研ぎと磨きのオートメーション化

高品質の包丁の刃先を最適に研ぐために、Atlantic Chefブランドを展開する台湾のLiow-Shye社は、20年以上前に最初のKUKA製ロボットを購入しました。ロボットによる研ぎと磨きのオートメーション化は以前からのテーマであり、Liow-Shyeは台湾KUKAの長年のサポートの恩恵を受けています。


個別ソリューション: KUKAへの数十年にわたる信頼

手によくなじみ、最適なバランスで、刃は完璧に研がれ、何年もその切れ味を保つことができます。優れた包丁は、料理人のそれぞれのニーズに正確に適合する必要があります。Liow-Shye Enterprise Co.社には、その品質があります。1977年以来、台湾でAtlantic Chefブランドを展開しています。そして、20年以上にわたり、約160人の従業員を抱えるこのメーカーは、ドイツの鉄鋼だけでなく、ドイツ製のロボットにも信頼を寄せています。より正確に言えば、KUKAのオートメーション化ソリューション対してです。「1999年に最初のKUKA製ロボットを購入しましたが、現在も稼働しています」とLiow-Shye のジェネラルマネージャーであるJames Chang氏は言います。Atlantic Chefのナイフには、研ぎからロゴの刻印、磨きまで、30台以上のKUKAの磨きおよ研ぎロボットが使用されています。

高度なオートメーション化: KR CYBERTECHはAtlantic Chefのナイフを磨き、研ぎます。 

キッチンツールに最適な表面

特に後者の刃の研磨は、かつて同社の課題でした。その理由は、作業を引き継ぐ従業員によって、高い品質と良い結果が常に与えられるわけではありませんでした。「ナイフの磨きと研ぎは、高品質のナイフを製造するための重要な要素であるため、このプロセスをオートメーション化することにしました」とChang氏は述べます。22年前にKUKAが台湾支店を開設する以前から、Liow-Shyeはアウグスブルクに拠点を置くテクノロジー企業が提供するオートメーション化ソリューションを信頼していました。そして、KUKAが台湾に拠点を展開すると、その協力体制はさらに強化されました。「Liow-Shyeは、当社のエンジニアと協力して製品を改善することに非常に関心を持っていました」と、KUKA Automation Taiwanのカントリー サービス マネージャーであるAlina Tsai氏は言います。

Liow-Shyeは、KUKAと共に、高速で柔軟性があるだけでなく、何よりも高品質な結果をもたらすソリューションを求めていました。

ナイフの磨きと研ぎは、高品質のナイフを製造するための重要な要素であるため、このプロセスをオートメーション化することにしました。

Liow Shyeゼネラル マネージャー、James Chang氏

産業用ロボットによる表面の自動研磨

そして、それが実現されました。ナイフの刃は、複数のKR CYBERTECHによって研がれ、磨かれています。産業用ロボットタイプは、洋食、和食を問わず、あらゆる種類のナイフに対応できます。そのために、鋼鉄製ナイフをロボットアームで把持し、研ぎ機に当てています。刃先の要件に応じて、研ぎロボットが適切な角度で、適切な繰り返しと必要な圧力をかけて行います。「その結果、エラー率と材料の消費量を大幅に削減することができました」とJames Chang氏は強調します。オートメーション化された表面加工が導入されて以来、Liow-Shyeは高く安定した製品品質の恩恵を受けています

粗いものから細かいものまで、グリッパーはナイフの最適な加工方法を知っています。

鋭利で精巧なナイフに使用されているKR CYBERTECH

非常に繊細で、非常に個性的: Liow-Shyeでは、機械が自動的に包丁の表面を加工しています。

研ぎ、磨き、そしてさらに自動加工

刃を研ぎ、磨いた後、KR AGILUSで鋼材にロゴを刻み込みます。スタンピングと同様に、ロボットアームが特殊なツールを使って目的の形状を鋼材に押し付けます。精密で安定した品質。同時に、機械は場所をとらず、必要な精度を最短時間で提供することも可能です。また、ギアの生涯潤滑により、潤滑油の交換が不要で、メンテナンスもほとんど必要ありません。これにより、継続的な生産性が保証されます。

すべてのナイフに最適な表面

この台湾メーカーが製造するナイフでは、そのタイプごとに、さまざまな要件を満たすためにロボットにそれそれの作業が割り当てられます。KUKA smartPADとソフトウェアによって、研ぎおよび磨きを担当するロボットは、特定の要件に対応できるように調整されます。なぜなら、ナイフはタイプごとに、滑らかな刃先を持つものや、たとえば魚、トマト、肉を切るためのギザ刃タイプ、カーブした果物ナイフ、または骨を切り刻むための特に幅広の刃を持つナイフなど、異なる研ぎ方が必要となります。形状、厚み、重さはさまざまです。

ナイフの素材は、加工中に傷がつかないようにする必要があります。

機械は適切な情報を受け取り、また、その都度異なる素材やハンドルに対応する必要があります。これは、ロボットが各生産ステップでナイフごとに異なるタイプの動作(LIN / P to P)を適用できるようにするソフトウェアです。これにより、さまざまな素材を研ぐ際に必要な圧力だけでなく、繰り返し精度、軌道精度を実現できます。

台湾KUKAは、長年にわたり同社の生産のオートメーション化をサポートしており、プロセスを継続的に最適化するために協力しています。

Alina Tsai氏、KUKA Automation Taiwanカントリー サービス マネージャー

業界の技術的パイオニア

「台湾KUKAは、長年にわたり同社の生産のオートメーション化をサポートしており、プロセスを継続的に最適化するために協力しています」とAlina Tsai氏は述べます。オートメーション化を早期に社内に統合し、KUKAと協力することで、Liow-Shyeは業界で技術をリードする企業の1つに成長することができました。サステナビリティは、その重要な側面です。1999 年に運用を開始したようなロボットは、可能な限り長持ちし、新しい課題に適応できる必要があります。

Liow-Shyeチームは長年にわたって多くのノウハウを蓄積しており、生産を段階的に改善したいと考えています。

耐久性のあるロボット要素の包括的なサービス

このため、James Chang氏と彼のチームは、現場で直接行うリアルタイムのメンテナンスと、定期的な検査、修理、保守点検の恩恵を受けています。「KUKAとLiow-Shyeは、長年にわたって顧客とサプライヤーの関係を築いてきただけでなく、業界のパートナーになりました」とChang氏は強調します。「スペアパーツやソフトウェアのサポートなど、KUKAは常に十分かつタイムリーなサポートを提供してくれるので、20年間ロボットを使い続けることができました。」

台湾KUKAは、常に産業界の要求に応え、最初のアイデアから自動加工用ロボットのプログラミングまでサポートします。KUKA Automation TaiwanのCEOであるAlec Lin氏は、「幅広い産業分野でのグローバルな経験により、お客様に最適なオートメーション化ソリューションと技術を提供することができます」と強調しています。ロボットのシミュレーション、カスタマートレーニングを含むアプリケーションの実装から、メンテナンスパッケージなどのアフターサービスまで、台湾KUKAは包括的なサービスを提供します。

最適な結果を得るために、Liow-Shyeではもはやポリッシャーが素材を手作業で加工する必要はありません。KUKAにロボットの動作を説明するJames Chang氏。

次のステップに進むための、さらなるアイデア

James Chang氏は、KUKAとのオートメーション化を確信しています。「我々のニーズに対して、KUKA製ロボットは適切な剛性と耐久性を持っており、ソフトウェアも安定して動作します」と彼は総括します。彼は、今後もKUKAと共にに新しいソリューションを開発し、生産のオートメーション化を進めていきたいと考えています。なぜなら、磨きや研ぎ、刻印はすでにほとんど機械で行われていますが、ナイフの包装などの工程は、現状ではまだ手作業で行われているからです。Chang氏は言います。「当社は、将来、生産の他のどの部分をロボットに引き継ぐことができるかをすでに検討しています。」 台湾KUKAは、ナイフメーカーを常にサポートしています。

最寄りのKUKAシステムパートナーを探す

ここで、お客様の業界や課題に応じた最適なパートナーを見つけてください。

当社はCookieを使用しています

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定