ヘルスケア:よりよいケアには多くの時間が必要です。

長年にわたり、KUKAとSwisslogは、医療テクノロジー、医療ロボット、病院の自動化やロジスティクスの分野において常にパイオニアであり続けています。私たちは、現状の課題に立ち向かう総合的なソリューションをご提供致します。

Swisslog Healthcare:投薬とサプライチェーンマネジメントの自動化

ヘルスケアの必要条件として特別に開発されインテリジェント・オートメーション・コンセプトは、院内でのより効率の高い作業プロセスを実現しました。各ソリューションは、これまで非常に多くの時間を占めていた過剰で単調な業務からヘルスケアスタッフを解放します。これは、価値ある人的資源患者への個々のケアへ注ぐことを可能にしました。

同時に、ヘルスケアの自動化は、スタッフの肉体的な負荷を和らげ、ヒューマンエラーのリスクを最小限にすることで、非常に重要である高品質なケアの提供を実現します。

KUKAによる未来の病院プラン

KUKAとSwisslogは、ヘルスケアの自動化ソリューションにおける世界的リーダーです。私たちは、ヘルスケアにおける60年以上の経験と、自動化においては100年以上の経験を有しています。

お客様のサプライチェーンマネジメントを最適化し、院内プロセスのさらなる効率化を実現します。それは、投薬マネジメント、マテリアルハンドリング、サービスセンターマネジメント、データ分析などを含みます。パッケージングや分注を行うロボットは、自動移送システムとシームレスに統合し、安心安全に供給を行います。これらは、工程の効率化、人件費の低減、総支出の削減を可能にし、スタッフが患者の世話をする時間を作り出します。これは、未来の病院において、非常に重要な差別化要因です。

Robotisering in de zorg
KUKAは、ヘルスケア関連における最先端の自動化ソリューションをご提供します。

KUKAの全サービス

KUKAとSwisslogは、ひとつのソースから広範囲のサービスをご提供します。私たちは、ロボティクス、移送の自動化、投薬マネジメント、ウエアハウス、ロジスティクスセンターの分野におけるそれぞれのアドバンテージを併せ持つオンリーワンの企業です。

相互的な運用が可能である私たちの革新的なテクノロジーは、既存の工程に最適に組み込むことが可能です。これにより、お客様はヘルスケア分野におけるテクノロジーリーダーとなるのです。

ホリスティックな自動化ソリューションで、ヘルスケアのグローバルな課題に応えます。これらは、顧客の業務効率化を推進し、スタッフを管理業務から解放します。スタッフは、最も重要なもの、つまり患者へ集中できるようになります。

Stephan Sonderegger, CEO, Swisslog Healthcare社
Robotisering in de zorg
KUKAとSwisslogは、ヘルスケアにおける60年以上の経験と、自動化における100年以上の経験を有しています。

KUKA医療用ロボティクス:臨床分野における最適なソリューション

KUKAの専門的知識はオペ室自体を効率化する自動化ソリューションからさらに広範囲に広がっています。ロボティクスにおける私たちのコアコンピタンスによるメリットは、医師、セラピスト、そして何より患者にあるのです。特に医療メーカーの要求を満たすべく設立したKUKAメディカルロボティクス事業部に、このコンピタンスを蓄積してきました。特定の専門知識を有するエキスパートチームが、医療テクノロジー分野におけるKUKA産業用ロボットのさらなる開発に従事しています。これらのロボットは、最小の高感度LBR医療用軽量ロボットから、200キログラムを越す搭載量の大型ロボットまでの広範囲に渡ります。医療ロボットは、要求が非常に厳しい学際的な分野です。KUKAは強力なパートナーやインテグレーターと協働し、未来のオペ室を創造します。

現在、私たちの医療用ロボットと装置は、以下を含む広範囲のヘルスケア分野を既に扱っています。

  • 専門的なリハビリテーション用途
  • 低侵襲手術
  • 分子レベルでの腫瘍治療
  • 最新の乳がん診断
  • コールドレーザー技術を使った非接触骨切断
  • 合併疾患患者の最適化治療
  • 最先端の診断と研究

ロボット支援システムにより、私たちは医療テクノロジー分野における顧客にとっての優れたテクノロジーパートナーとなるのです。私たちの目標は、自社のテクノロジーによって患者への安全に大きく貢献することであり、さらには、医療テクノロジーの高度な要望に応えることです。

Michael Otto, KUKA社 Medical Robotics事業部長

ヘルスケア調査の共同研究

イノベーションは、全ての進歩の原動力です。ヘルスケアの全区分における現在のデモグラフィックな課題への転換は、非常に重要な役割を果たしています。

インダストリー4.0のコンセプトのパイオニアとして、私たちは、プロセス効率や患者のケアへの最大の利益をもたらす、最高の自動化ソリューションの達成を目指しています。院内自動化のリサーチパートナーとは対照的に、手術分野のリサーチパートナーは、幅広い医療法を開発しています。医療ロボットの使用によってのみ導入可能な見込みある新しい手段は、調査と分析を行います。

このために、私たちは、スタンフォード大学、トゥウェンテ大学、国際小児医療センター(ワシントン)、ジョンホプキンズ大学(ボルチモア)、フラウンホーファー生産システムデザイン技術研究所、ルートヴィヒマクシミリアン大学(ミュンヘン)、アーヘン工科大学、フリードリヒ・アレクサンダー大学(エアランゲン=ニュルンベルク)など有名な調査機関と共同研究を行っています。3Dレントゲンシステムや、リハビリセンターと家庭ケア向けの医療用ロボットなど、医師や患者へのロボットによる支援システムを共同で開発しています。

さらに私たちは、Siemens Helthcare社などの大手企業のサプライヤであり、かつ、彼らとのパートナーシップを結んでいます。彼らとの共同研究では、日常生活における、人工知能を用いたヘルスケアの自動化ソリューションを開発しています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意