plaatbewerking

ヘミング

ヘミングは、板金加工で使用される成形と接合の技術です。自動車産業でも頻繁に用いられる技術で、同じ、または異なる材料同士を接合します。

技術

ヘミング加工では、板金部品を成形工程で折り曲げた後、溶接またはロウ付けにより確実に接合します。初めに板金のエッジを折り曲げ、部品を補強し、後に接合します。
異なる材料を接合することもできるため、自動車産業では板金とプラスチックの接合にも用いられます。

plaatbewerking

自動化

どのような部品かにより2通りのヘミングがあり、用いるヘミング技術は製品と工程によって決まります。

  1. テーブルヘミング 
    ハイレベルの信頼性で、広範囲の材料に対応する自動電気機械システム。
    特に大量生産に適しています。
  2. ローラーヘミング 
    産業用ロボットがローラーヘミングのヘッドを用いて部品を接合。特に柔軟性が特長。
    Industrie4.0の理念に沿って、ロボットは様々な部品のヘム接合を行うことができます。ロボットを使用することで、ローラーを交換したり、異なる技術を素早く導入することができます。

更に、両方のシステムを組み込んだハイブリッドソリューションも可能です。

メリット

部品の強度が増すほか、ヘミング加工では以下のようなメリットがあります。

  • 様々な材料の接合が可能 
    アルミやスチール、プラスチックまで、幅広い材料に対応。
  • 短いサイクルタイム 
    フランジ取付けのヘミングローラーの動きは、部品を付けたロボット動作と密接に同期するため、生産時間を50%短縮することが可能。
  • 品質の向上
    ヘミング工程を正確に実行することが可能。

KUKAは、お客様の生産工程に最適なヘミングソリューションの実現に取り組みます。

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定