KUKA.Gripper&SpotTech

KUKA.Gripper&SpotTechソフトウェアを使えば、スタートアップ時間を減少させ、問題処理を簡易化できます。これは、ロボットシステムが作業環境にあるツールとグリッパーを制御できるようにします。

ソフトウェアの使用範囲

KUKA.Gripper&SpotTech 4.0の使用により、ロボットシステムがその作業環境にあるツールやグリッパーを制御、監視できます。具体的な使用範囲としては、マテリアルハンドリング空圧式溶接ガンによるスポット溶接が挙げられます。KUKAロボットのハンドリングタスクは特に素早く簡単にプログラミングできます。

KUKA.Gripper&SpotTech 4.0の機能

  • 16個の自由に設定可能なグリッパー
  • 256個の設定可能な溶接プログラム
  • グリッパー条件を静的・動的に監視
  • ユーザーが無制限に定義できるグリッパーアイコン
  • 自由にプログラミング可能なエラー解消ルーチン
  • 制御ランプ、状態表示、オンライン調整を備えたグラフィック操作インターフェース
  • WorkVisual 4.0を通して、製造関連の要素にはsmartPad上での調整

Gripper&SpotTech 4.0のシステム要件

KUKA.GripperSpotTech 4.0はGripperSpotTech 3.xの後継製品ですが、機能が飛躍的に増えています。このため、以前のバージョンとの互換性はありません。

  • ハードウェア:ロボットコントローラー KR C4
  • ソフトウェア:KUKA.SystemSoftware 8.3または8.4、WorkVisual 4.0以上

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意