KUKA.ready2_animate

ロボットプログラミング用のシンプルなソフトウェアテクノロジーパッケージ KUKA.ready2_animateで、KUKAロボットをアニメーション化し簡単にモーションプロファイルを実行することができます。

KUKA.ready2_animateとは?

ロボットアニメーション用のシンプルなソフトウェアインターフェース

スピーディーさよりもスムーズな動きを。特にロボットベースの乗り物やステージ用ロボットによる特殊効果など、KUKA. ready2_animateはしなやかで流れるような動作を求められる場面で実力を発揮します。

KUKA.ready2_animateはどう働く?

ソフトウェアテクノロジー 

事前設定のインターフェースKUKA.ready2_animateは、ロボット動作の時系列式のプログラミングに基づいています。(従来型産業用ロボット特殊な乗り物用ロボット共にそれぞれの軸値によりロボット位置がいつで正確に定まります。

  • ソフトウェアでモーションプロファイルを作成

    Autodesk MAYA®やTake4D Virtual Studio といった直感的ソフトウェアでロボットモーションプロファイルを作成

  • ロボットコントローラへのデータ読込み

    データをモーションパステーブルに出力し、ロボットコントロールに転送

  • ロボット動作の実行

    希望するモーションプロファイルの実行

ロボットアニメーション:

KUKA.ready2_animateで、プログラミングの代わりにロボット動作を簡単にアニメーション化

KUKA.ready2_animateで、精密なロボットの動きを動作を簡単にそして正確に同期させることができます。

メリット


簡単に同期

KUKA.ready2_animateを使えば、複数のテクノロジーを互いに組み合わせて同期することができます。例:音楽と画像、または複数台のロボット

無段階設定 

ロボット速度は、外部サイクルの基準値によって無段階に調整が可能で、逆方向に戻すこともできます。

スムーズなロボット動作

KRLでのロボットプログラミングによる複雑なフイルターなしで、流れるようにスムーズな動きができます。

直感的なロボットアニメーション

直感的なソフトウェア (Autodesk MAYA®、Take4D Virtual Studio など) とプラグイン (RobotAnimator®、Autodesk Mimic®) との互換性により、トレーニングなしでロボットをアニメーション化することかできます。

ロボットを使用したステージエフェクト用アニメーションソフトウェア

KUKAロボットを使い感動的な舞台効果を演出するには、KUKA. ready2_animateが最適です。様々なものをロボットに取り付け、ソフトウェアを使用して希望どおりの動きを再現いただけます。

例:

  • 動くスクリーン
  • 動くミラーやリフレクタ
  • 人工的なドラゴンヘッド等のような動く小道具
ロボットとKUKA.ready2_animateにより、感動的なステージイメージが実現されます。

テクノロジーを完全同期:ロボットを使ったアトラクション向けアニメーション化モーションプロファイル

KUKA.ready2_animateインターフェースによりロボット動作をアニメーション化し、環境演出や以下の追加エフェクトに対応させることで、様々な種類のロボットベースの乗り物を実現します。

  • ダークライド
  • VRシミュレーター

安全面での重要なメリットKUKA.ready2_animateにより、ロボットの位置をいつでも確認することができます。そのため、軌道からのわずかなずれにも直ちに対応することができます。

アニメーション化されたKUKA乗員ロボットによるライドシステムが一回限りのドライバー体験を保証します。
Cookie設定 同意

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

Cookie設定