食品産業におけるフレキシブルなパレタイザー

KUKA KR QUANTECがドイツ・バイエルン州の食品メーカーでホワイトソーセージ缶をパレタイズしています。このパレタイザーは包装プロセスを加速し、従業員を過酷な肉体労働から解放します。

バイエルン州の伝統ある企業において最適化されたイントラロジスティクス

バイエルン州の伝統はもはやほとんどうまくいっていません。Fleischwerke E. Zimmermann GmbH & Co. KG社は1894に創業を開始して今日に至っています。創業以来、この会社はもっぱら高級食品を伝統的レシピに従って製造しています。様々な包装仕様のホワイトソーセージで、Fleischwerken E. Zimmermann社はドイツ国内のリーディングメーカーの一つです。製造環境のパレタイズにも適用される品質要求。

「パレタイズはこれまで手作業で行われ、従業員にとっては人間工学的に是認できるものではありませんでした。そのため、弊社は、プロセスの自動化を決断しました。」と、Fleischwerke E. Zimmermann社の技術部門長であるクリスティアン・ラウアーは説明します。イントラロジスティクスを最適化するために、 KUKAパレタイザー、型式KR 12 R3200 PA がプロセスに組み込まれています

KUKAカスタマーサービスは、食品産業の要求の多いアプリケーションをプログラムしています

変換時の広範囲なプログラム/シミュレーション機能は、KUKAのアプリケーションプログラミング部門が受け持っています。主な挑戦:パレタイザーは、形状とサイズが異なる様々な製造仕様をフレキシブルにコントロールします。多機能グラップラーを装備したKR QUANTECは、合計で48種類の組合せの包装パターン形成と包みをパレット上で処理します。これに即してKUKA社はプログラミングをフレキシブルに開発しなければなりませんでした。発生の可能性のある障害に対して高信頼の耐故障戦略の立案時に別の挑戦、例えば、缶が傾いたり、ひっくり返ったり、損傷している場合にしなければならないことが規定されました。
多機能グラップラーを装備したKR QUANTECはパレタイズを自動化します。

弊社はシステムにとても満足しています。品質および信頼性に関する弊社の目標は弊社によって達成されました。このほか、凹みまたは変形による欠陥商品はほとんどありません。

Fleischwerke E. Zimmermann社の技術部門長、クリスティアン・ラウアー

KUKAパレタイザーがプロセス全体を自動化

最初の手順でKR QUANTECは自動的にユーロパレットをその作業範囲へ運びます。次に、ホワイトソーセージ缶はコンベヤベルトによって配送されます。パレタイジングロボットは缶をつかんで、パレット上でパレタイズします。このパレットが完全積載状態のとき、オフにされます。

自動化等級のエスカレーションは、中規模企業にとって大きな成果です。従業員も肉体的負担の大きい作業から解放され、他の分野に組み込むことができます

KUKAパレタイザーは48種類の組合せの包装パターン形成を処理します。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意