自分の現在地を選択してください:

こわれものの積荷に対応:      鶏卵用KUKAパレタイザー

世界中の農家が、Meggsonの導入で卵のパレタイジングの自動化を実現。オランダの企業・Meggson社が設計、製造するロボットシステムが1時間あたり最大108,000個の卵を発送可能にし、これまで手動で対応していた従業員の負担が軽減されています。


オランダのエデ市に拠点を置くMeggson社は、大規模な採卵鶏農場をコアターゲットとしています。1時間に3万個、5万個、いや、10万個の鶏の卵を割らずに運ぶのは、複雑な上に肉体的にも負担の大きい作業です。「数年前まで、卵のパック詰めとパレタイジングは完全手作業で行われていました」と、Meggson社のディレクターであるギジス・トムソン氏は説明します。「2009年に、この作業を見ていたお客様から、これを自動化できないかと聞かれました」この質問が自動化への一歩となりました。
Meggson社は、KR QUANTECからなる卵のコンパクトなパレタイジングシステムを導入しました。このロボットは様々な卵のパック詰めに対応可能です。

完全手作業からコンパクトな         パレタイジングシステムへ

1997年の創業以来、「Cobot Automation」を標榜している同社は、生卵を扱う自動化ソリューションを初めて開発し、結果は大成功でした。Cobot Automationは、機械製造会社として設立され、当初から多くの農家に製品を供給してきました。今や、同社のチームは養鶏場を専門とするようになりました。
その結果、このオランダの企業はヨーロッパ・トルコ・米国で熱心な顧客を獲得し、KUKAロボットを自動化ソリューションに組み込む機会も増えています。2021年5月以降、同社はその専門性に見合うMeggsonに社名を改めました。この社名には卵(egg)を中心に取り扱うという意味が込められています。

パレタイジングシステムで従業員の負担を軽減 

鶏卵の重さは、53g未満(重量等級S)から73g超(重量等級XL)に至ります。1つのパレットには最大1万個の鶏卵が入るため、鶏卵30個用の一般的な輸送容器であるセルロース製エッグトレイやプラスチック製ハッチングトレイを従業員が手作業で積み重ね、輸送しています。それらの輸送容器は重さが平均7.5kgあり、相当なスピードで運び、パレット上に配置・固定しなければなりません。ギジス・トムソン氏は、「絶えず繰り返される過酷な肉体労働でした」と語ります。作業の結果、腰痛などの筋骨格系疾患が引き起こされてしまいます。これに対して、KUKAパレタイザーを使用すれば、そのようなリスクが避けられます。加えて、このパレタイザーは、プロセスをスピーディかつ効率的、そして極めて丁寧な処理が可能。さらに、搬送やパレタイジング用のリニアシステムが使えない、勾配のある狭いスペースでも稼働。
箱に詰めた後、パレットの上へ。その際、KR QUANTECは卵が割れないよう細心の注意を払います

パレタイザーの特殊グリッパーに注目

Meggson社は自社開発の他のシステムに加えて、特殊グリッパーを装備したKR QUANTECを核とする自動化ソリューションを提供しています。KUKAパレタイザーは、コンパクト設計のため、フレキシブルなセル設計が可能となり、精度とリーチでお客様のニーズに応えます。グリッパーは、ダンボールやセル状素材、プラスチックなどの様々な素材に対応するように設計されています。空のハッチングトレイやエッグトレイを輸送用台車に載せ、ベルトコンベアに載せるのと同様に卵のパレタイジングが可能です。またレーザーセンサーによって、ロボットはそれぞれの積荷をピックアップできる場所を認識します。
養鶏業者向けのスマートパレタイジング技術:グリッパーは、ダンボールやセル状素材、プラスチックなどの素材に対応するように設計

1時間あたり最大108,000個の卵に対応

ROBOT TP300自動化ソリューションによって、例えば、1時間当たり最大108,000個の卵をパレットに並べ、その間に空の容器をコンベアベルトに載せられます。ここからパックは状態に応じて選別や洗浄、詰替えなどの作業を行い、運び出しを行います。なお、Meggson社の自動化ソリューションができることはまだあります。特に、エッグパッキングマシンの搬入出や卵を詰めた箱のパレタイジング孵化場のハンドリングが高評価を得ています。さらに、そのソリューションはあらゆる種類のエッグパッキングマシンに対応しています。
パレタイザーを備えた自動化システムは、ヨーロッパ・トルコ・アメリカの農家の要求を満たします

農家の方々の幸せが、私たちの幸せです

Meggson社は、フレキシブルで高性能のパレタイジングシステムに対応するものとして、当初からKUKAロボットを頼りにしていました。インテグレーターにとって、農家の方々の負担をできる限り軽減することが重要課題でした。また、Meggson社の20名の従業員は、KUKAの最適なサポートの重要性を実感しています。「これが定評のあるドイツ品質なのだ」と、ギジス・トムソン氏は強調します。「KUKAは最高のロボットを作り、長年にわたってノウハウを提供してきました。そのことが私たちのKUKAに対する信頼を強めています」「KUKAパレタイザーでの作業はとてもシンプルです」とMeggson社のプロダクトマネージャーであるガーウィン・ヴァン・デ・ギーア氏は語ります。「最初の卵用自動化ソリューションは、比較的複雑なプログラムでしたが、全工程の稼働を一度完了すると、何度でもそれを再現することができました」ロボットはKUKA コントローラーKR C4で作動します。通常、短時間のトレーニングで、お客様が自分でコントロールできるようになります。「KUKAは、私たちの農家の方々がうまく扱える完璧なプログラムを設計しました」とヴァン・デ・ギーア氏は強調します。「そのため、農家の方々はKUKAのシステムとの連携に大きな関心を持っています。.農家の方々が幸せなら、私たちも幸せです」

パレタイジングシステムにより、労力を消耗するプロセスを単純化

オランダのドロンテン市に本社があるSalomons Groupも、KUKA製品に満足するお客様のひとりです。現在、関連農場では12万羽以上の採卵鶏が飼育されています。2020年3月以降、グループ最大の放し飼い農場では、ROBOT TP300システムのカスタム仕様が稼働しています。養鶏場から運ばれてきた新鮮な卵を従業員が検査し、無傷の卵だけをベルトコンベア上に載せ、そこから自動的に卵がトレイに並べられます。同様に卵パックもベルトコンベアでセル内のKR QUANTECのタイプ KR 120 R3100-2まで届けられ、KUKAロボットは流れ作業の中で幅広のステンレス製グリッパーによって、それぞれ卵30個が詰められた4つのエッグトレイ3層からなる12個のエッグトレイを一度にピックアップ。レイヤーパレタイザーはエッグトレイを丁寧にパレットに載せるという、ここまでの一連のプロセスの所要時間は30秒です。パレット1層を完成させるのに、ロボットによる動作は3回のみ必要となります。
効率的パッケージング、高柔軟性、完全自動パレタイジング:KR QUANTECは、卵を詰めたエッグトレイを一度に12個ピックアップ可能

オートマチックパレタイザー
 -高感度のパワーパッケージ

一連の作業後、KR QUANTECは、卵の上に仕切り層を載せて、繊細な積荷を保護します。Salomons社のパレットには、6層、計6,480個の卵が載せられます。その間に、KR QUANTECは、空の卵パックを自動的に第2ベルトコンベアに移動させます。空の卵パックはそこから室外に移動して再利用される準備がととのいます。このシステムは、1時間あたり36,000個の卵を輸送可能な状態にします高い信頼性で、破損のリスクを最小限に抑えます。以前はこの工程に2~3人の従業員が手動でパレットを積んでいましたが、現在では1人の品質管理担当者がいて、他の従業員は養鶏場で肉体的負担の少ない作業を担当しています。
KR QUANTECはセルプランニングを単純化 - スリムなインラインリストとわずかな設置面積で

卵の紛失をゼロに

「私たちSalomons Groupは、プロセスを簡素化するソリューションを考えることが好きなんです」と、ファミリー企業の社長であるクラースヤン・サロモンズ氏は力説します。サロモンズ氏は、以前からKUKAのパレタイジングロボットを使用しており、Meggson社との共同開発を楽しみながら行ってきたと語ります。さらに新型パレタイザーはそれ以上のことが可能となります同同氏が特に高く評価しているのは、「養鶏場の部屋の入れ替えを行う際、リフトに入りきらない卵を一時的にパレット上に保管できるようになりました。パレット上に一時保管した卵は、1日遅れで輸送されます。」これによって、卵が忘れられたり紛失したりすることがなくなります。

KUKAパレタイザーでの作業はシンプルです。最初の自動化ソリューションは、比較的複雑なプログラムでしたが、1度全てが動き出すと、何度でもそれを再現することができました。

Meggson社プロダクトマネージャー、ガーウィン・ヴァン・デ・ギーア氏

技術革新と拡大

Salomons Groupは、鶏卵がより高価なガーナに鶏舎を建設して事業拡大を図っています。ガーナの多くの人々にとって、プロの採卵鶏農場は安定した生計を立て、家族を養うことができることを意味しています。Meggson社のチームは、Salomonsのファミリー企業のような会社が、このようなプロジェクトを企画・実行するためにリソースを活用し、貢献できることを嬉しく思っています。ギジス・トムソン氏にとって、これは採卵鶏農場専用の自動化ソリューションを開発し続けるための原動力となっています。「自動化ソリューションは、従業員の労働条件を改善すると同時に、エッグパレタイジングをよりよくコントロールできるようにするため、アウトプットの品質向上につながります。」

ご興味を持たれましたか?ぜひ当社にご相談ください。

お客様と一緒に最適なソリューションを見つけます。

ホワイト・ペーパー:            食品業界の自動化ニーズに対応

ロボット・ソフトウェア・サービスといった高品質の材料を使用 – KUKAはこのホワイトペーパーでプロセスチェーン全体の成功を確実に実現するレシピを提供します。配送から物流まで多様な業界に対応。今日までKUKAは食品業界の1,000社以上のお客様にソリューションを提供し、ニーズと課題に取り組みます。  

納得いく自動化ソリューションを

ホワイトペーパーをダウンロード

最寄りのKUKAシステムパートナーを探す

ここで、お客様の業界や課題に応じた最適なパートナーを見つけてください。

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定