高可搬重量医療ロボット

患者ポジショニング、ピンポイント放射線治療、レントゲンなど、高可搬重量(50~500 kg)対応ロボットは、医療用途や医療機器に最適です。

医療ロボットの支柱 – KUKAロボットで「困難」を「簡単」に

高可搬重量のKUKAロボットが初めて医療用に導入されたのは西暦2000年前後。今日でも最大可搬重量500キロのロボットが、主力医療用ロボットとして活躍しています。
医療用ロボットには大きく以下の2種類のシステムがあります。

  • 患者を運ぶ(乗せる)ための人搬送システム 
    例えば、粒子治療用患者ポジショナーや乗馬療法用ロボットなど。

  • 重い医療設備を動かすシステム
    Siemens社製ARTIS phenoは、レントゲン搭載C型アームを患者周囲で動かすことで、手術中にCTのような3D画像の作成を可能にします。
    Accuray社製CyberKnife(サイバーナイフ)システムは、重い放射線照射装置がロボットによって正確に腫瘍に向けられます。オプションの患者台と合わせると、人を乗せるシステムと動かすシステムを統合します。
    その他、粒子線治療用のBEC社製患者ポジショナーなどがあります。

放射線治療におけるKUKAロボット

イオン療法研究センターMedAustronにおける正確かつフレキシブルな患者ポジショニング用の、KR QUANTECを利用したBEC社のExacure

これら医療用途のベースとなっているのは、主にKR QUANTECシリーズのロボットです。そのロボットアームと高剛性が、高い精度が求められる用途に最適で、頑丈な構造が維持費やメンテナスの手間を最小限に抑えることができます。さらに、あらゆる位置へ設置対応と広範な特徴によって、実に幅広い用途への統合に柔軟に対応します。 

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定