自分の現在地を選択してください:

KUKA Sunrise.OS Med

KUKAで医療用ロボットを完全制御LBR Med用オペレーティングシステムKUKA Sunrise.OS Medは、特に医療用アプリケーションを簡単にプログラミングできるように作られています。これによって様々な可能性が広がります。


KUKA Sunrise.OS Medをベースに医療用アプリケーションを迅速かつ成功裏にプログラミング

KUKA Sunrise.OS Medは、LBR Med用オペレーションシステムであり、内蔵KUKA Sunrise.Workbench MedおよびKUKA Sunrise.WoV Medと共に、要求の多い医療用ロボットアプリケーションのプログラミングおよび構成に必要とされるすべての機能を提供します。これに加え、Javaによるオブジェクト指向プログラミングが迅速なアプリケーション開発を可能にします。そして、これらはすべて、医療機器メーカーのニーズに合わせてカスタマイズされ、認証を受けています

認証により特に医療用ロボットに合わせてカスタマイズ

Java 8とWindows 10 をベースにしてKUKA Sunrise.OS Med 2.6によって、ハイエンドロボットへのアクセスが容易になります。その際、システムソフトウェアは、IEC 62304:2006 (First Edition) + A1:2015の要件を満たしています。内蔵安全性オプションKUKA Sunrise.HRC Medは、パフォーマンスレベルdカテゴリー3 EN ISO 13849-1:2015に準拠した協働ヒューマン・ロボット・アプリケーションの実現に必要な機能を可能にします。


CB試験認証のダウンロード

KUKA Sunrise.OS Medは特にLBR Medのプログラミングを容易にするために開発

ロボットと医療スタッフとの安全な協働作業

特別な安全オプションによって、作業領域における速度やロボットアームに作用する力およびロボットアームの位置だけでなく、測定されたトルクそのものも監視することができます。その際、医療機器メーカーによる正確な安全パラメータの内蔵によって、緊急時にロボットの自動停止やブレーキの作動、医療機器メーカーによって定義された反応の作動が可能になります。それによって、ロボット・ヒューマン・コラボレーションが行われることになるオペレーションの場合に、医療スタッフと患者さんの安全を確保することができます。

KUKA Sunrise.OS Med:医療機器メーカーのための納得のいく論拠

  • ユーザーフレンドリー

    • あらゆるロボット機能に対応したオブジェクト指向のJavaプログラミングインターフェース
    • LBR Med用アプリケーションのプログラミング・プランニング・コンフィギュレーションのための革新的機能
  • 認証済み

    • IEC 62304:2006 (First Edition) +A1:2015規格に準拠して開発
    • 医療機器への組み込み要件に対応した専用のソフトウェアおよびハードウェア
  • 広範囲

    • 医療用ロボットアプリケーションの構成とプログラミングのためのすべての機能を提供
    • あらゆるアプリケーションに対応するオプションパッケージを豊富に提供
    • ユーザーシステム上の独自のアルゴリズムにロボットコントローラーを接続するための各種インターフェース

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定