KUKAロボットがCアームレントゲンシステムの新しいアプリケーションを可能に

血管造影における新しいフレキシビリティ。

医療分野におけるロボットシステムは今日、手術、診断または治療で医師をサポートするために導入されています。特に持続的に高い正確性、フレキシビリティ、信頼性がその理由です。複雑なカテーテルによる介入時やハイブリッド手術室などの新しい環境では、ロボットベースの血管造影システムであるSiemens Healthcare社製のArtis zeegoが最先端のシステムとして多岐にわたる治療方法を提供しています。


レントゲン技術と造影剤を使用して、血管造影検査で血管が見えるようにします。このイメージングは、血管変化の低侵襲治療を可能にします。典型的な例は病的な狭窄(狭窄症)、血管奇形やがん患者の治療です。がん治療の際は腫瘍に繋がる血管が映し出され、そして選択的に閉鎖されます。

この治療方法は、相応のリスク、そして言うまでもなく高い費用を伴う手術の代わりに、最小限の切開と局所麻酔での治療を可能にします。ハイブリッド手術室での非常に複雑な手術においても、このイメージングが治療と最終検査に採用されています。これにより外科医は、手術が成功したことを確認できるため、後の修正や再手術が避けられます。

ロボットコンポーネントがフレキシブルな操縦性を可能に

Artis zeegoは技術的にはKUKAのロボットコンポーネントで構成されていますが、その6本の回転軸こそが可動性をもたらし、そのフレキシブルな操縦性のおかげで、複雑な臨床状況にも対応可能です。Artis zeegoで検査を行う医師は、いわゆるCアームを自由自在に患者の周りに位置決めできます。Cアームはレントゲン機器およびイメージ生成用フラットパネルディテクターのキャリアとして使用されます。

 
KUKAのコンポーネントで構成されるArtis zeegoの魅力はフレキシブルな操縦性です。

正確性とフレキシビリティの向上

2008年の血管造影システムへのロボット技術の導入は、医療技術分野でまだ全く新しいものでした。このシステムのフレキシビリティにより、患者を診療台の上に適切にポジショニングできます。従来のCアームシステムでは、Cアームの旋回点は3次元すべてにおいてずらすことができないため、診療台を傾斜することに問題がありました。ロボットを導入することで、この制限が取り除かれます。患者の血行動態がサポートされ、同時に担当医または外科医が手術野に最適にアクセスできるように、診療台の傾斜角度も高さも調整できます。これは特に長時間に及ぶ手術で、外科医が重い鉛エプロンを着用しなければならない場合などには大きなメリットとなります。それによって外科医が疲れることなく、手術に集中できるからです。

システムが患者の価値の高い3次元画像を生成

手術室の要件はArtis zeegoによって最大限に満たされます。これはこれまでのところ市場で唯一のものです。ロボットのフレキシビリティにより、手術室の複雑な設備が妨害されることはありません。KUKAロボットは、床の上にあるケーブルや管を片づける必要なく手術野に移動でき、コンピュータ断層撮影(CT)に似た、患者の価値の高い3次元画像を提供します。その画像はこれまでに他すべての標準血管造影システムで可能であったものよりも詳細に人体組織を把握するものです。これによって得られる情報は、新しい状況にすぐに対応したり、修正したりすることを可能にし、オペチームにフレキシビリティを提供し、再手術を不要にします。

ロボットコンポーネントは最高の衛生等級の要件を満たす

最高の衛生等級の要件を満たした空間で初めてロボットシステムによるイメージングが可能になります。そこでは、患者の上にかかる無菌の送気流が天井に据え付けられたコンポーネントによって妨げられることがないからです。多くの病院にとっては、全治療段階においての衛生規則の厳守が術後の合併症予防のための最も重要な措置となっています。KUKAロボットが統合されたArtis zeegoは、この重要な要求をサポートします。これは外科的・介入イメージング市場にあるどのCアームシステムにもできないことです。

Artis zeegoで検査を行う医師は、Cアームを自由自在に患者の周りに位置決めできます。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意