金属加工におけるKUKAロボットKR 500

タイプKR 500 FORTECの2台のKUKAロボットが、下請け業者であるIDS Casting Service GmbH社での金属加工において1つのロボットセル内で使用されています。そこでは、これらの重可搬ロボットはターボチャージャー用タービンハウジングの後加工を担っています。

KR 500は金属加工の過酷な条件に耐える

金属工業において、ロボットは飛び散る火花や熱といった過酷な条件にさらされます。それでも、ロボットは精確かつ確実に細断やバリ取りの役割を果たすことができなければなりません。そのため、IDS Casting Service GmbH社での金属加工用に、ファウンドリー仕様の重可搬ロボットKR 500 FORTECが組み込まれています。つまり、このロボットには、ケーブルを保護するためなどの特殊な装置が備えられています。

重可搬ロボットがコンポーネントの後加工を自動化する

2台のKR 500 FORTECの役割は、金属コンポーネントの後加工を完了することです。鋸加工やフライス加工の工具を使って、鋳造部品の突出部を取り除き、自動車産業向けのタービンハウジングに最後の仕上げを行います。そのために、コンポーネントがクランプ装置にはめ込まれます。バリ取りの際に、重可搬ロボットが鋭いエッジを取り除きます。さらに、ロボットはエッジに丸みをつけることによって、輪郭を加工します。コンポーネントはステンレススチール製であるため、KR 500のグリッパーには金属加工用のダイヤモンド特殊工具が使用され、頑丈なコンポーネントの加工が可能になっています。

KR 500 FORTECがコンポーネントの後加工を自動化します。

KR 500 FORTECは金属加工で付加価値を提供する

金属加工向けにKR 500 FORTECを組み込むことには多くのメリットがあります。その1つは、従業員にとって体力的に厳しい作業の負担が減ることです。その他には、非常に効率的に作業が行われるため、生産性が向上し、一定の高い品質が保証されることです。さらに、この重可搬ロボットは柔軟性に優れています。自律的に工具交換を行うことができるため、さまざまなコンポーネントを加工し、さまざまなタスクを実行することができます
金属加工では、重可搬ロボットKR 500に大きな課題が突き付けられます。

ロボットベースの自動化を拡張すべきです

2017年4月から、2台のKUKAロボットKR 500 FORTECがIDS Casting Service GmbH社でその役目を果たしています。この会社は、その自動化された後処理での品質、繰り返し精度、生産性に非常に満足しています

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意