自動化で工作機械を最適化

ロボットをベースとした自動化で、工作機械の生産性を大幅に向上させます。これにより、納期の短縮が可能になります。非常に複雑な部品の製造であっても、採算性および効率の高い生産が可能になります。

工作機械の自動化のおかげで、加工品の品質に対し、ますます高まる要求にも応えることができます。また、組み立て作業などのより高度な作業も行えます。そして、より頻繁になりつつある技術の変化に柔軟に対応し続けられます。

下がり続ける加工品価格にも、生産性を高めることで効果的に対応できます。しかも高い品質を落とすこともありません。KUKA ロボットは高精度での連続加工を可能にし、短納期であっても余裕をもって対応できます。

工作機械でパレットのハンドリングするKUKA KR QUANTEC。

工作機械とロボット:主要な応用分野

  • ワークのハンドリング:
    ロボットがワークを工作機械に装填し、またこれを加工後に取り出します。
  • ワークのパレタイジング:
    1個のロットサイズまで、ロボットで標準化された容器に多種多様なワークを積載できます。
  • 機械の連結:
    ロボットの使用により、複数の作業工程を連結することができます。複数の機械で1つのソースから、あるいは1つの機械で様々なソースからのワークを装填できます。
  • ワークの加工:
    ロボットは、工作機械の簡単な加工工程を引き受けることで、機械の生産性を向上させることができます。また作業員はブラッシングやバリ取りなどの作業から解放され、より高度な業務に専念することができます。
  • ツールのハンドリング:
    ロボットによって直接機械において、または内蔵ツールチェンジャーを使ってツールを交換することが可能です。ツールの数はロボットのリーチによってのみ制限されます。リニアユニットを使うことで、ロボットのリーチが拡大可能になるため、複数の工作機械をロボット1台で装填することも可能になります。

CNCとロボットシステムーSINUMERIKによる完全な稼動

KUKAロボットの中央集中型オペレーター制御によって、ロボットの機構をスムーズに生産プロセスに統合可能です。

工作機械の効率化

KUKAロボットで時間の節約

工作機械の精度が必要ない場所では、ロボットが穴あけ、ブラッシングおよびバリ取り等の作業を行います。こうして、ロボットによりパーツごとのスピンドル稼動時間が減ります。KUKA社内の製造においては、部品当たりの加工時間は48分から40分に短縮されました。これは20パーセントの機械生産性向上に相当します。切削が多い部品の場合では、ロボットは粗仕上げ加工も担当できます。機械はスムージングだけを担うことになります。

24時間稼動によってスループット50パーセント向上

生産性を向上するには、一秒一秒が重要です。KUKAロボットを使えば、工作機械のポテンシャルを24時間最大限に活用できます。KUKAの自社製造では、1台のロボットが加工センターの無人稼動時間を1日16時間から24時間に拡張しています。これは50パーセントの生産性向上に相当します。

人とロボットの容易な理解

KUKAロボットは、快適かつ汎用的なインターフェースによって非常に簡単な操作が可能です。シーメンス®社製ソフトウエアパッケージSinumerikRun MyRobotとの組み合わせで、KUKA.PLC mxAutomationは、KUKAロボットを工作機械のディスプレイに同じ体系で表示することを可能にします。また操作、プログラミング、設定もユーザーが慣れた方法で工作機械の専用操作パネルを使用して行えます。

工作機械での使用に適したKUKAロボット

  • KR AGILUS:
    他に類のないパフォーマンスで、圧倒的な速度を誇る小型ロボットシリーズ。
    防水仕様もご利用いただけます:
    • 保護等級IP 67
    • 艶出し塗装
    • 軸2および軸3のステンレスカバー
    • 天井または壁据え付けとしても使用可能
KR AGILUS防水仕様は、高湿度環境においても問題なく使用できます。
  • KR CYBERTECH nanoシリーズ:
    狭い空間において高精度かつコンパクト、そして受難性のあるKR CYBERTECH nanoは、工作機械での使用に完全に対応しています。
  • KR CYBERTECHシリーズ:
    KR CYBERTECHは、スペースを取らず、特にすっきりとしたシルエットとスマートなデザインによって、狭い空間であってもあらゆる場所にも届きます。22キロまでの可搬重量は、前シリーズより大幅に増加しました。
  • KR 30-3および60-3シリーズ:
    KR 30-360-3シリーズのロボットは、0.08ミリメートルの繰り返し精度を誇ります。これにより重い部品であっても精密なハンドリングを可能にしています。
  • KR QUANTECシリーズ:
    このKR QUANTECシリーズは、最高度のダイナミクス、究極の剛性とパフォーマンスを発揮すると同時に、軽量かつコンパクトなデザインを実現しています。
  • KR QUANTEC Kシリーズ
    KUKA シェルフマウントロボットは、下向きに特にディープなリーチを実現するように設計されています。上から行う動作範囲に最適です。
  • KR FORTEC:
    重量級ロボットは、600キロまでの可搬重量で±0.08ミリメートルのポイント繰り返し精度を誇ります。
多くのKUKAロボットは、工作機械での使用に適しています。

仮想的な保護空間:さらに大きな成功のチャンス

KUKA ロボットは、安全ソフトウェアによって動作範囲を監視します。そのため、クレーン用レールの下や天井が低い場所などの狭い空間においても、ロボットは稼動できます。
KUKAロボットは、高さ制限を厳格に遵守します。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意