Lassercladden

レーザー肉盛溶接

粉末状またはワイヤー状のフィラー材料を用いたレーザー肉盛溶接は、補修作業、摩耗や腐食防止のためのアプリケーション、3Dコンポーネントの製造(積層造形法)に使用できます。

レーザー肉盛溶接

レーザー肉盛溶接は、高出力レーザーを熱源として使用します。このプロセスでは、ほぼすべての材料を溶融し、同時に塗布することで表面層を形成します。フィラー材は、金属粉などの粉末状で供給される場合と、溶接ワイヤで供給される場合があります。粉末を用いてレーザー肉盛溶接を行う場合、通常、一点に集束しないレーザービームでワークを加熱し、局所的に溶融させます。それと同時に、微細な金属粉を混ぜた不活性ガスを導入し、金属粉は加熱された部分で溶融され、ワークの表面に融着します。


金属部品製造の材料効率に優れた3Dプリント法、ワイヤーレーザー肉盛溶接

ワイヤー供給になる積層造形は、複雑な形状や大型部品の製造時にメリットを大いに発揮

メリット

  • 交換でなく修理で対応
    小さな損傷や通常の消耗でも部品一式を交換する必要があり莫大な費用が発生するる複雑な部品や高価な部品の場合にも、修理で済むため経済的。
  • 機能化された表面
    大きな材料パレットが、摩耗保護や防錆のためなど各機能に合わせて表面を最適化。
  • 部品あるいは機能エレメントの付加製造
    工業生産の分野での需要が高まっており、タービンなどの大型部品では、レーザー粉末堆積溶接を利用した機能エレメントの取付けが、製造コストを大幅に節約。追加のツール不要で、取り扱いが容易。
  • 溶接領域での加熱が少ない
    ゆがみが少なく、ほとんどのアプリケーションで元の部品の要件を満たすか、それを上回る。また加熱が少なく、高品質を維持。

自動レーザー肉盛溶接

KUKAは、モジュール式のロボットセルから全自動プラントにまで至る、他の接合技術とも組み合わせた個別のソリューションと、レーザー肉盛溶接に合ったあらゆる種類の製造技術を提供します。

レーザー粉末溶接によるレーザー材料加工

KUKAのコンパクトセル内での粉末を使用したレーザー肉盛溶接

ハイブリッド積層造形

ProLMDプロジェクトの目標は、産業界におけるレーザー技術を用いたハイブリッド製造方法の具現化です。Quantec KR 90 HAは、従来製造されていたベース部品上に新しい構造物を一層ずつ構築。ファイバーガイドシステムの採用により、ロボットの作業スペースはほとんど制限されません。これにより、ロットサイズが小さい場合でも、部品の形状やサイズにフレキシブルに対応が可能。必要な場合にのみ展開される局所的に統合されたイナートガス溶接システムの開発により、さらなるメリットが提供されます。このシステムには、ワイヤーと粉末の両方をフィラー材として使用できる新しいレーザー加工ヘッドおよびハイブリッド生産に適合したコンピューター支援製造(CAM)システムが追加されています。高効率のレーザー肉盛溶接法の開発のために多くの溶加材がProLMDで研究されています。

ハイブリッド積層造形、レーザー肉盛溶接
ProLMD共同プロジェクト詳細は、KUKAブログ記事でご紹介。
Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定