自分の現在地を選択してください:

Industrie 4.0: Introductie

インダストリー4.0の活用 KUKAのデジタルサービス

ロボットと人間の協働作業。デジタルによるプロセスと、データへのアクセスが、誰にでも可能となります。産業界ではIoTが標準となり、デジタル化が急速に進歩しました。KUKAの製品とデジタルサービスによって、 お客様がインダストリー4.0のメリットを得るサポートをいたします。


インダストリー4.0について

産業分野における"モノのインターネット"、"インダストリー4.0"、"スマートプロダクション"... さまざまな名称がありますが、重要なことは、デジタルとリアルの世界のシームレスな接続という点です。産業分野におけるデジタルプロセスによって、よりフレキシブルに、よりよいエネルギー効率、より資源を節約できる方法で、カスタマイズされたリーズナブルなコストでの生産が可能になります。KUKAは、このネットワーク化されたインテリジェントな生産への変革の推進を全力でサポートします。それが産業界のデジタル化です。

インダストリー4.0の意義には、スマートファクトリーを中心としたさまざまな分野が含まれています。

インダストリー4.0の中核を担うロボット

産業分野におけるモノのインターネット(IIoT)やインダストリー4.0のネットワーク化されたフィールドで躍進するために、生産現場の機械が、特に次の3つの要素が求められます。

(1) タスクを可能な限り効率的にこなすこと (2) 新しい枠組みに素早く適応できること (3) ナレッジを他のシステムと共有すること

これを可能にするのがIIoTソリューションとクラウドであり、これらを通じて、機械が生産現場やワークピース、また他のデバイスと通信します。生産現場の機械は、3Dプリンタ・CNCマシン・ロボットなど、汎用性や適応性の高い機械を指します。
インダストリー4.0:スマートファクトリーでは、人間とコボットが直接協働作業することで、効率的な人間とロボットのコラボレーションが実現します。

インダストリー4.0と、産業分野におけるモノのインターネットは、ロボット自体にも影響を与えます。ロボットは、より高感度で自律的になり、機動性に優れ、操作がより簡単になり、ますます工場内で人をサポートする身近なアシスタントへと発展していきます。

インダストリー4.0のデジタル化:ビッグデータによるインテリジェント生産

クラウドコンピューティングやビッグデータの発達により、プロセスのデジタル化が大幅に加速します。システムは素早く学習・発展できるようになり、生産プロセスに適用すれば、それは新しい生産の世界の創出とも言い得ます。生産プロセスをフレキシブルに制御し、自律的に最適化し、外的要因に適合していくプラットフォームを利用することができるようになります。

KUKAのインダストリー 4.0:ヒューマン・ロボット・コラボレーション(HRC)とコボット

KUKAは、未来志向のヒューマン・ロボット・コラボレーションCobotics)とモビリティの開発を何年も前から推進しています。移動型コボットは、今日すでに周辺環境に対応し、汎用性を持つまでになっています。KUKAでは「同僚のようなロボット」が現実化しています。

コボットは、インダストリー4.0において中心的な役割を担っています。一方で、コボットは現代の生産の一部としても活躍しています。コボットは関連するすべての情報をリアルタイムでITシステムに送信するデータの収集を実行。その情報をコボットが即座に処理し、生産現場にフィードバックします。この流れを通して、生産現場ではたえず最適化が進むことになります。生産工程におけるの他のコンポーネントは、今日現在、この重要な役割を最新のロボットシステムと同じように対応できていません。

未来の工場におけるロボットの活躍場所に限りはありません。Cobot KUKA LBR iiwaは、インダストリー4.0のビジョンが実現できることを証明しています。ロボットは、今日すでに人との協働作業を行っています。作業員がより効率的に、よりエルゴノミックに、より正確に、そしてより集中して自分の仕事をこなすことを大きくサポートしています。

 

デジタルトランスフォーメーションの成功の基・「オレンジ・インテリジェンス」

KUKAでは、多岐にわたる専門知識や広い領域の知識との相互作用で付加価値が生み出されます。モノのインターネットおよびインダストリー4.0に関する部分では、ウェブやクラウド、また、移動型プラットフォームなどにおけるテクノロジーに関する業務能力があげられます。この展望は、KUKAが既に築きあげてきたメカトロニクスおよびオートメーション化のコアコンピタンスと融合します。これまでのデジタルとリアル世界の境界線を克服するインテリジェントな生産ソリューション・KUKAの「オレンジ・インテリジェンス」が、それらに基づいているのです。

KUKAのインダストリー 4.0:企業におけるデジタル化が進む様子をご覧ください

KUKAのデジタルサービス:デジタルトランスフォーメーションのコンサルティングを超える価値を

インダストリー4.0は、生産現場に新たな可能性をもたらします。KUKAのデジタルサービスによって、企業は機械やロボットからのデータを個別に評価することができます。この透明性に基づき、プロセスの最適化や、作業手順の効率化を行うことでコスト削減をサポートします
たくさんデジタルサービスのソリューションがあったとしても、共通していることは、それらがみな産業分野におけるモノのインターネット の一部であるということです。生産機械は相互にネットワーク化され、遠隔診断ツールでモニターされます。その際、お客様のご要望に応じて、さまざまなモデルの検討がなされます。たとえば、生成データをクラウドの保存や、お客様の現場敷地内や、委託されたデータセンターに直接保存するなどして、評価することができます。

メリット:KUKAにおけるIIoTインテリジェンス

  • … デジタルでグローバルに調和されたプロセスとITツールを実現します。

  • … 成功した、収益性の高い、革新的なサービス製品を設計します。

  • 市場重視のIIoTソリューションをお客様と連携して推進します。

  • … お客様にKUKAの能力を納得していただくためのインスピレーションを与えるシミュレーションを行います。

KUKAのデジタルサポートの概要

KUKA.Sim:信頼のおける計画

オフラインプログラミングを使用したスマート・シミュレーションソフトウェアによって、企業はプラントやロボットのコンセプトを個別にプロダクションすることができます。VRハードウェアを使用すれば、プロジェクトをバーチャルに発表することもできます。

KUKA Xpert: 時間の節約

デジタル・ナレッジ・データベースで、KUKA製品のすべての関連情報を見つけることができます。解説もついているので、プランナー・オペレーター・プログラマーがほとんどの問題を自立して迅速に解決することができます

KUKA.DeviceConnector: ネットワーク

IIoTソフトウェアパッケージは、すべてのロボットデータとファイル情報を提供します。これにより、用途をよりよく理解し、エラーを迅速に除去し、システムを最適に活用することができます

KUKA VCS:透明性

KUKA VCSツールは、IIoTモニタリングソリューションであり、生産ラインや組立ラインの最適化をサポートします。PLCやロボットからの自動信号を検出・処理することによって、関連すべてのシステムパラメータの透明化に大きく貢献します。これにより、サイクルタイムの分析などによって、生産ラインのパフォーマンスを最適化することができます。

モノの人工知能:AIを用いて

KUKAの子会社であるDevice Insight社は、スウェーデンのAI専門企業であるSentian社と共に、2020年初頭から産業分野におけるモノのインターネットにおけるAI機能の活用を進めています。それらの総称として「モノの人工知能(AIoT)」と呼んでいます産業用製造プロセスのインテリジェントな自動化は、より優れたものとなり、将来的に効率と品質の向上が実現されます。インダストリー4.0は、間もなくインダストリー5.0へと進化します。

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定