自分の現在地を選択してください:

テキスタイルの進化・革新

消費者がいるその土地での製造が再びトレンドになっています。時間やコスト節減につながり、環境保護にもつながります。ヨーロッパのテキスタイル産業にとって、主な問題点は、アジアに設置した低コスト製造拠点からの部分的な回帰の際の技術面にあります。ロボテキスタイルにおける自動化のエキスパートは、KUKAロボティクスにより効率的で便利なシステムソリューションを生み出しました。テキスタイル生産を新しい時代へ導く可能性を秘めています。


テキスタイルの転機

かつて産業革命の先駆者であり、今日、 世界的な再編の岐路に立っている産業、それが衣料品と繊維産業の企業です。19世紀への過渡期において、織機の機械化が繊維産業ばかりでなく社会秩序全体を根本から覆したように、今日では日常生活や労働環境のデジタル化が時代の転換点となっています。繊維産業は、持続可能性の努力がますます急務となり、また立法府の求める社会的基準が確保されることでさらに勢いを増しています。これは現在、全世界で約7500万人の労働者のほとんどがアジアのしばしば非常に問題のある労働条件の下で働いている繊維製造の見直しにもつながっています。

robotextile社の創業者兼CEOであるミヒャエル・フレーデ氏は、この世界的に重要な産業に間もなく転機が訪れることを強く確信しています。

テキスタイル生産における自動化は、これまでは多かれ少なかれ手つかずのままでしたが、それが現在変わりつつあります。なぜなら、自動化がテキスタイル生産が再びそれぞれの販売市場付近へ移動し、より効率的で、何よりも持続可能なものになるための決定的な前提条件を作り出すからです。

robotextile社創設者兼マネージングディレクターのミヒャエル・フレーデ氏

KUKAロボットがテキスタイル業界を刷新

KUKAの小型ロボットでコスト効率よく、持続可能な高速製造

さらに考え抜かれたテキスタイル生産

ミヒャエル・フレーデ氏は、30年以上にわたってロボット工学と自動化技術の分野で活躍しており、常にさまざまな業界のためのソリューションを探しています。シュヴァーベン地方のドーメッティンゲンの自動化技術専門会社、erler GmbHの社長ミヒャエル・ミュラー氏と共に、クリエイティブな起業家は、二人で繊維加工に特化したシステムソリューションを開発し、robotextile社を設立に至りました。目標は、いわゆる二次加工、つまり実際の縫製工程以外のハンドリング全体において、最大限の柔軟性を発揮することです。

衣料品産業がペースを握る

しかし、繊維産業における要求は近年、急速に高まってきました。短命化するファッションの中で、柄やモデル、色やカットの変化がどんどん加速しています。また、設定・発注プロセスのデジタル化により、オケージョナルプロダクションも増加しています。それにもかかわらず、多くの企業が自動化やそれに伴う高価で複雑なロボットでのプログラミングやインストール作業を敬遠しているとフレーデ氏は指摘しています。「その心配を取り除きたい、という思いがありました。そして、今、私たちにはそれが可能なのです。」

ファッション業界はとても入れ替わりが激しく短命です。トレンドがペースを決める

要求の厳しい素材

フレーデ氏とミュラー氏は、ニーダーライン応用科学大学繊維素材研究所の研究者たちと共に、これまで、説得力があり、そして何よりも経済的なコンセプトをオートメーションの専門家たちが打ち出せなかった問題に特別に取り組みました。それはつまり、簡単に変形可能な柔軟なテキスタイルとカット品です

繊維産業を持続的に近代化するためには、テキスタイル分野の大規模なキャッチアップが必要です

「これは、木や鉄のような固い素材を扱うのとは全く異なり、ロボットにとっては困難ですが、不可能ではありません」とメンヘングラートバッハにあるニーダーライン応用科学大学繊維素材研究所(FTB)のマイケ・ラーベ教授は考えています。「それでも繊維衣料業界は、自動化とデジタル化が遅れています。残念ながら他業種に比べ圧倒的に遅れています。」

robotextile社は、この課題に1つの答えを提供します。

AGILUS、SCARA、LBR iisyシリーズの非常に機動的で柔軟なKUKA小型ロボットと特別設計のグリッパーを使用して、ブランクのスタックから布の層を取って次の生産工程に個別に送り込むことに成功しました。その際、下の布の層を一緒に取るということがありません。そのようなものはこれまで市場に存在しませんでした。

ミヒャエル・ミュラー氏robotextile社の創業者兼erler GmbH代表取締役社長
KUKAの小型ロボットは、コンパクトなデザイン、高いリーチと精度が特徴です。

ニアショアリングとロボットで確かな品質と競争力のあるコストを実現

robotextile社は、ヨーロッパの繊維メーカーがロボットに賭ければ、低コスト国の競合他社との国際競争が激化する中で優位に立てると確信しています。「従来のテキスタイル生産では、人件費の約40%が最も単純な布の取り扱い作業で発生します。縫製前にズボンのポケットや襟を付けるだけなど、非常に単調で疲れる作業であることが多いのです」と、ミヒャエル・フレード氏は指摘します。ここでは、オンショアやニアショアの生産も少ない人員で経済的に行いたいと考える企業にとって、自動化は新たな展望を開くものだそうです。ロボットを賢く使うことで、「信頼できる安定した品質と控えめなランニングコスト」への道を開き、実際に競争力のある長期的に市場で生き残れる生産方式を可能にするとのことです。

「困難は細部にある」

自動化されたテキスタイル生産のための新しいrobotextileシステムソリューションにより、革新的な両起業家は、自分たちが正しい道を歩んでいることを確信しています。「困難は細部にある」という業界の課題に対するソリューションを見出したからでもあるとミヒャエル・ミュラー氏は報告します。「テキスタイルは、その構造や繊維の構成によって加工中に形状が変化するため、機械は 生産中に変化する素材に常に適応しなければなりません。」

自動化が可能にする。ロボットが変形しやすく柔軟な繊維の取り扱いを担う未来の繊維産業

カスタマイズされた技術

ドーメッティンゲンのerler開発部門では、robotextileが経験豊富な技術パートナーと共に、さまざまな生産要件に対応した特殊なグリップ技術を開発・商品化しました。例えば、いわゆるコアンダ効果を利用したフローグリッパーがあります。気流によって布の角をひらひらさせ、一枚一枚グリッパーで吸い付けて挟み込みます。もう一つの特殊ローラーグリッパーは、非常に薄い繊維の掴み取りに使用されます。特殊繊維や技術繊維には、適切に設計された ゴム製の平行グリッパーが使用されます。

高感度で高速。KUKAのLBR iisyコボットはこのタスクにも対応可能

小型、正確、迅速:KUKAの繊維加工ロボット

AGILUS、SCARA、LBR iisyシリーズの小型KUKAロボットは、このシステムソリューションのために作られました」とKUKAのグローバルビジネスデベロップメントマネージャー、ブイェルン・メルテンスは説明します。「このロボットは、わずかなスペースでも動きその堅牢な構造により、最高の繰り返し精度継続的な精度を極限のスピードで実現します。このようにして、小型ロボットは決して狂うことなく、高い生産品質を確保しているのです。」例えばKUKA SCARAロボットは、直径1.60mの作業スペースに5kgのペイロードを搭載し、布地1層あたりのサイクルタイムを4〜6秒にすることができます。空気・電力・データの供給には、内部メディア供給装置を使用します。

KUKAのKR SCARAロボットは、コストに敏感な分野における自動化を簡易化し、また継続的に経済性を向上させます。

テキスタイル生産におけるマイルストーン

「当社の型ロボットはグリッパーに内蔵されたセンサーにより裁断された布地を〈敏感に〉布地の山から取り込んで一枚一枚次の生産工程に送り出すことができます」とメルテンス氏は述べています。過去数年間、多くの企業がこれに挑戦してきましたが、プロセス安全性の成熟度と経済性の問題で度々失敗してきました。robotextile社の共同創業者であるミヒャエル・ミュラー氏は、「我々は今、真のマイルストーンを打ち立てた」と自信を見せます。

まったく新しい製造コンセプトが見えてきた

そして、そのようなマイルストーンは、繊維産業において高い需要があります。「革新的な衣料品産業では、科学的な観点から大きな変化が不可欠です」と、マイケ・ラーベ教授は指摘します。「今日、繊維生産をより持続可能なものにすること、そのために可能な限り対象市場に近づけることがますます急務となっています。」〈テキスタイルファクトリー7.0〉は、そのための道筋をつけるものです。T7は、ニーダーライン応用科学大学とRWTHアーヘン大学のITA(繊維技術研究所)、北西ドイツ繊維素材産業協会、ライン繊維素材産業協会が、Textilakademie NRW(ノルトライン=ヴェストファーレン州テキスタイル・アカデミー)Wirtschaftsförderung Mönchengladbach GmbH(メンヒェングラートバッハ経済振興有限会社)と共に進めているプロジェクトです。

未来をしっかり見据える:より持続可能なテキスタイル生産のための自動化

C&A:繊維業界のイノベーションを促進する先駆者

ラーデ教授によれば、このプロジェクトの包括的な目標は、ヨーロッパの衣料品・繊維産業の知識主導型の包括的改革や生産拠点の先進国回帰リショアリング)プロジェクトを可能にし、将来的に繊維産業で主導的な役割を果たし続けることです。しかしそのためには、このような開発を「実験室」から「生産現場」に移行できるパートナーが常に必要です。

robotextile社の革新的なシステムソリューションにより、生産のヨーロッパ回帰

リショアリングは、環境保護や過剰生産能力の防止、国内経済の強化、魅力的な雇用の創出、倫理的に公正な条件下で行われるという利点があり、新しいサプライチェーン法を背景にメーカーにとってますます重要となってきています。そのために、私たちは持続可能性の高い生産と生産性の高いプロセスを組み合わせます。

ユルゲン・モース氏、C&A’s FIT GmbHのゼネラルマネージャー兼プロジェクトマネージャー

メンヒェングラートバッハでは、ドイツ・オランダの衣料品会社で〈Factory for Innovation in Textiles(テキスタイル・イノベーション工場)〉(FIT)を持つC&A社T7開発プロジェクトに参入しました。さらにC&A社はパイロットプロジェクトの一環として、アジアで生産していたジーンズの一部をヨーロッパに 戻し、robotextile社、ニーダーライン応用科学大学及びそのプロジェクトパートナーの協力のもと、広く自動生産ラインを設置することになりました。

失われた生産ノウハウの回復

〈テキスタイル・イノベーション工場〉(FIT)では、革新的な技術CO2ニュートラルな生産より持続可能なファッションに焦点をあてています。〈C&A's FIT GmbH〉のゼネラルマネージャー兼プロジェクトマネージャーであるユルゲン・モース氏は、「失われた製造ノウハウを取り戻すと同時に、生産の一部をヨーロッパに戻すことで、将来にわたるサプライチェーンの安定性を確保する」ことを目的としています。「この分野ではメンヒェングラッドバッハの応用科学大学とrobotextile社で、すでに非常に貴重な経験を積むことができました。」これを土台として、C&Aはまずジーンズを年間40万本、将来的には80万本生産する計画です。最初のジーンズは、早ければ2022年に発売予定です。〈C&A's FIT〉は、単なるプロトタイプの実験室ではありません。その本質は相応の大量生産することです」とモース氏は報告します。FITは、サステナブルファッションが現在も将来もニッチな製品であってはならないという信念のもとに活動しています。
KUKAの小型ロボットを使った先進的な開発:KR AGILUS、KR SCARA、LBR iisy

「新しい時代の幕開け」

ミカエル・フレーデ氏にとって、これは「まさに新しい時代の幕開けの合図」です。「C&A’s FITイニシアチブ科学と研究からの包括的支援、そして当社のスケーラブルな自動化ソリューションにより、品質や公正な労働条件、透明性の高いプロセスが、持続可能な繊維製造において初めて大きな意味を持つようになってきています。しかもそれは拠点の場所に無関係です。これは、繊維業界や品質と環境に対する意識が高まっている顧客にとって重要な意味を持ちます。」これは技術革命となるのでしょうか、それとも 「単なる」進化となるのでしょうか?それはいずれはっきりするでしょう。しかし、この開発が1つの進歩であることは確かです。

最寄りのKUKAシステムパートナーを探す

ここで、お客様の業界や課題に応じた最適なパートナーを見つけてください。

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定