KUKA HRC Guide:KUKA最新の協働ロボットアプリケーション

KUKA HRC GuideはHRCパラメータの許容限界値を計算をするアプリです。それにより、人とロボットの協働を実現するアプリケーションの設計をサポートします。

現状は、HRCに向けた準備が出来ているでしょうか?

KUKA HRC Guideは、人とロボットの協働(ヒューマン・ロボット・コラボレーション HRC)のアプリケーションをデザインまたは操作するすべての人向けのHRCツールです。これは、HRCの設定に関する最重要パラメータについての簡単な概要をお伝えします。
「Robot」の画面では、最高速度、最大耐荷重質量または最小接触面積を入力することができます。
「Body Region」の画面では、作業者に対する接触の種類(過渡的、つまり自由な衝突によるものか、あるいは準静的、つまり挟まれるリスクのあるもの)ならびにロボットに当たる可能性のある身体の領域を算出できます。
与えられたパラメータに基づいて、ISO TS 15066に従って自由なパラメータが計算されます。

メリット


最大速度

これは、作業者と衝突する可能性のある物体の許容速度です。衝突する物体は、例えばグリッパー、ツールまたはワークピースの一部などが想定されます。

最大耐荷重質量

荷重質量には、ロボットのフランジに固定されている物の質量すべてが含まれます。これは、用途に応じてツールの質量であったり、ツールとワークピース両方の質量であったりします。

最小衝突面積

この場合、人とロボットの衝突時の最小接触面積が計算されます。この面積は特に、衝突する両者の形状によって異なります。一般に、衝突時の接触面積が大きいほど圧力は低くなるため、危険な衝突ではなくなります。

許可される身体の部位

このパラメータは、衝突が起きた場合に危険にさらされる身体の部位を指定します。画面をタップして身体の領域を選択できます。身体の部位が自由な値として定義されている場合、アプリは所定の衝突値を被害なく克服するすべての身体の部位を表示します。

KUKA HRC Guideのその他の特徴

ロボット設定:特定の用途に適したロボットタイプのプロパティを設定してください(例えば、追加のケーブルが接続されている場合、など)。「追加の荷重」を設定することより、耐荷重質量計算の上限が高くなります。

単位と言語:メートル法かインペリアル法の単位を選択してください。それに応じて、すべての値が更新されます。言語を変更することもできます。

印刷版:このツールの印刷版もございます。こちらも同じ計算に基づきますが、一時的な接触に関して最高速度の計算が最適化されています。

 

KUKA HRC Guideのスマートフォンへのインストールの方法

KUKA HRC Guideは、以下のプラットフォームを介して携帯機器にご無料でインストールできます:

Jetzt bei Google PlayJetzt im App Store

KUKA HRC Guide アプリに対するご意見

KUKA HRC Guideアプリをすでにお使いで、これについてのご意見がありましたら、ぜひこちらのフォームから、またはアプリストアのコメント欄でご意見をお寄せください。


弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意