生産の未来に革新を起こすインテリジェントな無人搬送システム

イントラロジスティクスと生産ラインは、新しい要求に迅速かつ効率的に適合しなければなりません。インテリジェントなイントラロジスティクスソリューションは、無人搬送車 (AGV)、協調制御システム、製造システムを、産業用ロボットなどのその他の製造コンポーネントとネットワーク化して、最適なルートで部品を搬送します。

柔軟性と拡張性の秘訣
インテリジェントなイントラロジスティクスソリューション

製造プロセスのサステナビリティにおいては、インテリジェントなイントラロジスティクスソリューション、つまりAIベースの協調制御で生産をインテリジェントにネットワーク化する自律搬送システム移動型ロボット、すなわち多関節ロボットが装備された無人搬送車 (AGV) が求められています。これらは生産環境に特にフレキシブルに導入可能で、人間や機械と共に安全に作動します。

Airbus用KUKA omniMove

ライン生産は、現代の生産環境においては決して難しい挑戦ではありません。ところが、加工部品が最大90トンで最長15メートルとなると、経験豊かなイントラロジスティクス担当者であっても一苦労となります。

しかし、KUKAの専門家にとっては違います。航空機メーカーAirbusに対し、移動型重量プラットフォーム KUKA omniMoveをベースとしたAirbus A380用の巨大な部品をミリ単位の精度で安全かつ確実に配置できる、航空機技術において他に類のない製造ラインを実現しました。

Airbusで稼働中の移動型搬送プラットフォームKUKA omniMove。

Mercedes-Benz向けの柔軟な無人イントラロジスティクス・ソリューション

アクサライにあるMercedes-Benz Turkeyの工場では、さまざまなトラックのドライバーキャビンの組立にKUKAの無人搬送車が導入されています。

合計7台の自在に誘導可能な移動型プラットフォーム、タイプKMP 1500が組立ラインの各生産ステーションを接続します。新しい無人搬送システムには、スペースの効率的な活用、あらゆる生産段階において最高度の最大限の多様姓が考慮されています。

アクサライにあるMercedes-Benz Turkeyのトラック組立工場のフレキシブルな無人イントラロジスティクス・ソリューション

特に生産面積を最大限効率的に活用し、資本を最小限に抑えたいニーズには、フレキシブルな無人イントラロジスティクス・ソリューションの導入は大きなメリットとなります。

ミヒャエル・ユルゲンス、KUKA AGVソリューション部門長

無制限の移動式ロボティクス

KUKA omniMove駆動技術は、高圧下でも極めて正確に作動します。

なぜなら、革新的なメカナムホイールが全方向走行を可能にし、ホイール自体の軸周りの回転を含め、あらゆる方向に無制限の操縦性を実現しているからです。

これによってほb無制限の移動が提供されます。

 

KUKA搬送車のメカナムホイール。

インテリジェントなナビゲーション・ソフトウェアで「目的地に到達しました」

複雑な生産環境においても確実で安全に目的地に到着するモバイル・キネマティクスシステムやロボットとは?どのように通信し、環境の変化にフレキシブルに対応すれば?
KUKAなら既に実現しています。

ナビゲーションソフトウェアKUKA.NavigationSolution は、移動型ロボットと搬送システムの自律運転を実現します。SLAM方式により周囲の地図を作製し、移動型ロボットが目的地へ安全に到達できるようにします。

KUKAナビゲーション・ソフトウェアを動画でご紹介。

移動型ロボットの未来を担う

モバイル自動化ソリューションは、これからも将来のスマートな生産および搬送システムにとって最も重要な要素の一つであり続けるでしょう。

移動型ロボットはますます適応化が進んでいますが、インテリジェントな移動型ロボットシステムは、モジュール式コンポーネントの追加により、さらに多くの用途を同じモバイル・プラットフォーム上で実現し、それによって生産性と効率性の持続的な向上を目指しています。

移動型ロボットの多様な機能をご紹介。

最新のバッテリー技術とエネルギー密度の向上により、モビリティの更なる向上を実現。バッテリーおよびバッテリーシステム開発の傾向は、著しい小型化と相まった容量の増加に向かっています。近い将来、バッテリーは1/4のスペースで2倍の出力密度を提供するようになると期待されています。

具体的には、現在と同サイズの移動型ロボットや無人搬送システムが、作動範囲が広くなり、長時間の作業が可能になるということです。

さらに、移動型ロボットはよりコンパクト、よりスマート、より機敏になるでしょう。バッテリー出力密度の技術進歩により、移動型ロボットの費用対効果と適用分野は著しく向上します。

最適化されたセンサー技術により、さらに多くの分野で安全な操作が可能になります。

ロボットは相互に通信するだけでなく、ロボットの作動環境に固定されているセンサーおよびモバイル端末とも同時にフリートマネージャー経由で通信します。

これにより、スマートな生産システムやイントラロジスティクスの自律運転時、フレキシビリテイと機能性の向上が実現されます。

最適化されたセンサー技術はカメラベースの高精度ポジショニング、安全な積載検知、および搬送システムの制御を実現します。

マトリクス生産のモバイル・バリューチェーン

各稼働率のピークおよび各資源のボトルネックを緩和し、複数のバリエーションの製品をさまざまな個数で生産し、小さなロット数でも経済的に採算がとれるように製造する - 上昇する一方のカスタマイズレベルへの挑戦は、多くの分野においてフレキシブルなマトリックス生産によって最適に成し遂げることができます。

自律作動する無人搬送システム (AGVS) には、生産とイントラロジスティクスの必要な分離が考慮されています。搬送経路および搬送作業を迅速かつ簡単に調整し、変更することができます。

移動型ロボットが生産に利益を

モバイル自動化ソリューションは。生産のフレキシビリティを高め、経済性の持続的な向上を実現します。


  • 最大効率

    完璧に相互調整された自律搬送システムは、高効率な製造設備を実現します。

  • シームレスな統合

    すべてのハード&ソフトウェア・ソリューションは、フレキシブルなインターフェースによって既存のエコシステムにシームレスに統合されます。

  • 最大限のフレキシビリティ

    フレキシブルな自動化ソリューションとインテリジェントなSLAMベースのナビゲーションシステムは、変化する要求に対する即時対応を可能にします。

  • モジュール・コンセプト

    可搬荷重から複雑な作業タスクまで - モジュール式構造によって、稼働中のフリートにその他のモバイルシステムを装備することができます。

移動型ロボット、モビリティの向上

インテリジェントなモバイル自動化ソリューションにより、KUKAは未来の効率的でフレキシブルな生産業界の確かな土台を創造します

大きな課題にチャレンジ、KMR iiwa

自律ロボットKMR iiwaはHRC対応で移動型です。高感度軽量構造ロボットLBR iiwaの長所と自律的な移動型プラットフォームの長所が一つにまとめられています。 

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定